• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新興ママタレ激増で…割食う旧世代・堀ちえみの“生きる道”

 庶民目線のコメントを期待され、情報バラエティー番組には必ず起用されるようになったママタレ。そのママタレ枠はここ数年で大幅に拡大し、それと同時にママタレも激増。今では供給過剰気味で、週1回の曜日レギュラーを獲得するのも至難の業になってきている。

 新興のママタレがどんどん誕生する中、割を食っているのが、かつては「主婦タレント」と呼ばれていた旧世代のママタレ。その代表格が堀ちえみ(48)だ。2度の離婚を経て11年に再々婚、今は実子5人と連れ子2人という7人の母。一時期は元アイドルのママタレとしてワイドショーに引っ張りだこで、育児雑誌などの連載も複数抱えていたが、今は単発ゲストはあっても、レギュラーは関西ローカル「ちちんぷいぷい」のみ。

「ギャラの問題です」と言うのは、テレビ関係者。

「これまで主婦タレントとしてワイドショーのコメンテーターを務めていたタレントも今では40代。就学前の子供を持つ新人ママタレと比べると出演料が倍近い。経費削減が至上命令のテレビ局としては、安くて使い勝手のいい新米ママタレに仕事を回してしまう。その結果、堀ちえみクラスのママタレは仕事が減ってしまうわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る