新興ママタレ激増で…割食う旧世代・堀ちえみの“生きる道”

公開日:  更新日:

 庶民目線のコメントを期待され、情報バラエティー番組には必ず起用されるようになったママタレ。そのママタレ枠はここ数年で大幅に拡大し、それと同時にママタレも激増。今では供給過剰気味で、週1回の曜日レギュラーを獲得するのも至難の業になってきている。

 新興のママタレがどんどん誕生する中、割を食っているのが、かつては「主婦タレント」と呼ばれていた旧世代のママタレ。その代表格が堀ちえみ(48)だ。2度の離婚を経て11年に再々婚、今は実子5人と連れ子2人という7人の母。一時期は元アイドルのママタレとしてワイドショーに引っ張りだこで、育児雑誌などの連載も複数抱えていたが、今は単発ゲストはあっても、レギュラーは関西ローカル「ちちんぷいぷい」のみ。

「ギャラの問題です」と言うのは、テレビ関係者。

「これまで主婦タレントとしてワイドショーのコメンテーターを務めていたタレントも今では40代。就学前の子供を持つ新人ママタレと比べると出演料が倍近い。経費削減が至上命令のテレビ局としては、安くて使い勝手のいい新米ママタレに仕事を回してしまう。その結果、堀ちえみクラスのママタレは仕事が減ってしまうわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る