周囲は仰天…アラフィフ松本伊代が見せた驚異の“ツヤ美肌”

公開日:  更新日:

「ありゃあ、今年で50歳の肌ツヤじゃないよ~」(小紙カメラマン)

 15日の「誕生60周年記念 ミッフィー展」に登場した松本伊代(49)。その実年齢からは想像できないピッチピチの若さを振りまき、周囲を驚かせたのであった。

 たしかに10年前の2005年、40歳当時の写真(右)と比べても遜色ない“デキ栄え”。あれこれと手を加え、マネキンやサイボーグを彷彿とさせる痛々しい美魔女はゴマンといるが、えらく自然体だから、好感が持てる。

 この日は絵本のミッフィーとおそろいの青いワンピース姿で登場。自宅から着てきたという。

 約10年ぶりに芸能活動を再開させた夫のヒロミ(50)は、いまや、バラエティー番組に引っ張りだこ。見事にカムバックを果たしたが、再活動を後押ししたのは、夫をやる気にさせる妻のひと言だったようで――。

「ヒロミさんは、おしゃべりが上手。時事ネタやドラマなどを見ながらブツブツ面白いことを言っていたので、“だったら、テレビに出て言ったら”って」

 今後は伊代ちゃんの出番も増えそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る