「声が出ていない」ELT持田香織 結婚後初ライブに“落胆の声”

公開日:  更新日:

 8月8日に9歳年下のスポーツトレーナーと結婚したEvery Little Thingの持田香織(37)が先月29日、結婚後初となるライブに登場した。

 持田から結婚についてのコメントはなく、左手薬指に指輪もなかったというが、花道でスキップするなど幸せオーラを振りまき、永遠の愛を誓うヒット曲「出逢った頃のように」を締めくくりに熱唱したという。

「当日は所属レコード会社・エイベックスのライブイベントだったが、多くの客はトリで登場した韓国のグループ・SUPER JUNIOR目当て。出番が早かったELTの時には席がガラガラで、声援も少なかった」(ライブを見た音楽関係者)

 声援が少なかった原因は、持田の歌声にもあったようだ。

「往年のヒット曲『Time goes by』なども歌ったものの、思いっきりキーを下げて演奏したにもかかわらず、声が出ないのか苦しそうに歌っていた。もはや、全盛期の伸びのある高音は聴けなかった」(同)

 近年はまったくヒット曲に恵まれず、4月に発売したシングル「ANATA TO」はオリコン最高位が46位と低迷。今や持田よりも、いっくんの愛称で親しまれているギターの伊藤一朗の方がバラエティーで顔が売れているほど。夫と二人三脚のトレーニングで、かつての美声を取り戻せるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る