関係者はヤキモキ お騒がせ女優・吉高由里子「再始動」の裏側

公開日:  更新日:

 昨年、NHK連続テレビ小説「花子とアン」でヒロインを演じ、大みそかの紅白歌合戦の紅組司会を務めた後は仕事をセーブしていた吉高由里子(27)が、初主演となる舞台「大逆走」(10月9日から東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーン)で仕事復帰する。

 目下本番に向けて稽古中だが、今月5日、吉高のツイッターの投稿がファンや関係者をやきもきさせているという。

「『大人っぽい声になりたい2枚の舌早送り』と書き出した文章とともに、まるでタレントのイジリー岡田のように、舌を横に高速で動かしている動画を投稿。口元から、おそらく本人だと推測されるが、『Webなんかで私のこと知った気にならないでよ』と結んでいる。ほかの書き込みを見ても意味深なものが多いので、ファンや芸能マスコミは注目しています」(芸能ライター)

 吉高といえば、すでに報じられたが、昨年末に姉妹のように深いきずなで結ばれていた女性マネジャーが退社。今年に入ってからは、ロックバンド・RADWIMPSのボーカル・野田洋次郎との破局も報じられていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る