• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「花子とアン」撮影終了 “朝ドラ”変えた吉高由里子の存在感

「吉高由里子ほど現場に愛される女優を知りません」
 夫役の鈴木亮平(31)から最高の賛辞を贈られていた。

 NHK朝ドラ「花子とアン」が26日、クランクアップ。主演の吉高由里子(26)は「ひとつの現場で2歳、トシを取ったのは初めての経験。とても感慨深いです。今は胸いっぱいで言葉が出ないや」と感無量の様子だった。

 当初は吉高の起用に朝ドラのヒロインらしくないと心配の声も上がったが、10カ月の長丁場を終えてみれば、「堂々たる“朝の顔”になった。立派な座長です」(脚本家の中園ミホ氏)と高い評価を得た。3月末の初回放送から今月25日までの平均視聴率は22・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。朝ドラ人気の追い風をしっかりとキャッチし、多くの視聴者からも愛される「花ちゃん」になったわけだ。

 この日は意味深な発言も飛び出した。ヒロイン起用が決まった当時、演技に対する悩みを抱えていたようで、「この仕事が最後になってもいいや」と引退も辞さない心境だったと告白。女優歴10年ともなれば、中堅クラスの仲間入り。一度ならず考えたこともあるだろう。だが、実在した女性の半生を演じたことは自信につながったようで、最後は「また皆さんと一緒に仕事をしたいと思っちゃいました」と晴れ晴れとしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る