ヒット作続く重圧 周囲が気を揉む吉高由里子の“プッツン”

公開日:  更新日:

 3月31日から始まるNHK連続テレビ小説「花子とアン」のヒロイン、吉高由里子(25)。

 7日に横浜市内のスタジオで取材会が行われ、共演者の仲間由紀恵(34)らとともに笑顔を振りまいていたが、関係者は、やきもきしているらしい。

 吉高はいま最も“稼げる”女優のひとりだ。

 11年の連ドラ「私が恋愛できない理由」(フジテレビ系)、昨年の「ガリレオ」(同)と、最近の出演作はいずれも好視聴率。12年の映画「僕等がいた」は、前後編合わせて興行収入40億円を超えている。

「吉高は甘え上手のおやじキラーなんです。俳優やスタッフにも吉高ファンが大勢いて、だからいい作品のいい配役が回ってくる。もちろん本人の小悪魔的な魅力もありますが、ある程度の成功が見込める作品に恵まれてきたともいえます」(在京キー局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る