• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

なぜNHKが白羽の矢? 萩原健一14年ぶり連ドラ出演への不安

 俳優で歌手の萩原健一(65)が14年ぶりにテレビの連ドラに出るというので話題になっている。出演するのはNHKの「鴨川食堂」(BSプレミアム)で、主演は忽那汐里(22)。ショーケンはその父親役を演じるというが、関係者からは「大丈夫なのか?」の声が上がっている。

「あまり報じられていませんが、例の恐喝未遂事件(05年)以後もショーケンはさまざまなトラブルを起こしています。13年には朗読活劇『空海』の開催を予定していたが、結局中止になっています。同じく13年、全国二十数カ所で開催を予定していたコンサートも集客の関係で次々と中止になり、結局5カ所ぐらいでしか開催されませんでした」(あるプロモーター)

 恐喝未遂の後遺症は予想以上に強烈で、民放は怖くて手を出せない状態になっている。そんな中で、今回、NHKがショーケンを起用したのはなぜなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事