• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

なぜNHKが白羽の矢? 萩原健一14年ぶり連ドラ出演への不安

 俳優で歌手の萩原健一(65)が14年ぶりにテレビの連ドラに出るというので話題になっている。出演するのはNHKの「鴨川食堂」(BSプレミアム)で、主演は忽那汐里(22)。ショーケンはその父親役を演じるというが、関係者からは「大丈夫なのか?」の声が上がっている。

「あまり報じられていませんが、例の恐喝未遂事件(05年)以後もショーケンはさまざまなトラブルを起こしています。13年には朗読活劇『空海』の開催を予定していたが、結局中止になっています。同じく13年、全国二十数カ所で開催を予定していたコンサートも集客の関係で次々と中止になり、結局5カ所ぐらいでしか開催されませんでした」(あるプロモーター)

 恐喝未遂の後遺症は予想以上に強烈で、民放は怖くて手を出せない状態になっている。そんな中で、今回、NHKがショーケンを起用したのはなぜなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る