日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

神田うの、松居一代、中村江里子…芸能人「家政婦トラブル史」

 神田うの(40)が家政婦に3000万円もの金品を盗まれていたことを告白。実業家としても大忙しだけに、家事や育児を任せる存在は必要不可欠だったのだろうが、シッターや家政婦が派遣先の芸能人とトラブルになった例は意外と多い。

「昔の話ですが、俳優の高島忠夫の妻で、高嶋政宏・政伸兄弟の母の寿美花代は、かつて家政婦に2人の上の子供を殺害され、その時の心の傷をいまだに引きずっています。殺害の理由は幸せ過ぎる一家への嫉妬からでした」(ベテラン女性誌記者)

 高島家の事件はあまりにも極端だが、タレントの藤田紀子は元大関・貴ノ花の故二子山親方と離婚後、部屋付の家政婦に女将さん時代のあれこれを暴露されまくったことも。

 また、タレントの松居一代は家政婦を次々とクビにしたり、気に入らないことがあると手をあげたことを元家政婦から“告発”されたこともあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事