タイトルも方程式通り 高橋克典“イクメン侍”で狙う新たな顔

公開日:  更新日:

 高橋克典(50)の代表作といえば、お馴染みのドラマシリーズ。「サラリーマン金太郎」(TBS系)と「特命係長只野仁」(テレビ朝日系)だが、新たな主演ドラマも2作品同様、“当たり役の方程式”にのっとったタイトルだ。

 13日からスタートするNHKのBS時代劇「子連れ信兵衛」(金曜20時~、全6回)では、他人の赤ん坊を育てる羽目になった長屋暮らしの浪人を演じる。4日の会見では元モデルで妻の中西ハンナとの間に授かった長男(7)の子育てエピソードを告白。役づくりについて「自分も育休を取り、おっぱいをあげる以外大体のことはやったので、少しは役に立っていると思います」と胸を張って語っていた。

 ちなみに、今作のキャッチフレーズは〈剣は一流、子守りは三流。長屋を守る、イクメン侍〉。わざわざイクメン侍などと世論に迎合したようなポップな肩書を謳うもんだからいぶかしい気持ちにもなるが、初回の試写を見る限り、時代劇ファンも裏切らない本格派で今後の展開が気になる内容だった。山本周五郎の「人情裏長屋」が原作で、撮影は京都・太秦の松竹撮影所。中村嘉葎雄(77)、笹野高史(67)、左とん平(78)といったベテラン勢が脇を固め、会見に出席したキャストらの和気あいあいとした様子はチームワークの良さと順調な撮影ぶりをうかがわせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る