テレ朝「羽鳥」視聴率逆転 日テレ「スッキリ!!」はなぜ抜かれた

公開日: 更新日:

 民放各局がシノギを削る朝のワイドショー戦争で異変が起きている。

 朝8時の時間帯は朝ドラを放送中のNHKを除くと、長らく「とくダネ!」(フジテレビ系)と「スッキリ!!」(日本テレビ系)の2強が視聴率争いで独走。次いで「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)、「白熱ライブ・ビビット」(TBS系)という“序列”だった。

 ところが、11月2週目(9~13日)は午前8時から9時55分の平均視聴率で「羽鳥モーニング」が6.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)を記録し、加藤浩次と上重聡アナが司会の「スッキリ!!」(6.0%)を逆転してしまったのだ。これは「羽鳥モーニング」が始まって初の快挙(小倉智昭「とくダネ!」は8.0%、国分太一「ビビット」は3.0%)。

 この結果に沸き立つのがテレビ朝日だ。関係者がこう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  3. 3

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  4. 4

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  5. 5

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  8. 8

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    みずほFG元会長がNHK次期会長に “リベンジ選任”の仰天理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る