• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

テレ朝「羽鳥」視聴率逆転 日テレ「スッキリ!!」はなぜ抜かれた

 民放各局がシノギを削る朝のワイドショー戦争で異変が起きている。

 朝8時の時間帯は朝ドラを放送中のNHKを除くと、長らく「とくダネ!」(フジテレビ系)と「スッキリ!!」(日本テレビ系)の2強が視聴率争いで独走。次いで「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)、「白熱ライブ・ビビット」(TBS系)という“序列”だった。

 ところが、11月2週目(9~13日)は午前8時から9時55分の平均視聴率で「羽鳥モーニング」が6.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)を記録し、加藤浩次と上重聡アナが司会の「スッキリ!!」(6.0%)を逆転してしまったのだ。これは「羽鳥モーニング」が始まって初の快挙(小倉智昭「とくダネ!」は8.0%、国分太一「ビビット」は3.0%)。

 この結果に沸き立つのがテレビ朝日だ。関係者がこう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事