日テレ桝アナも便乗? TBS安住アナ「フリー説」の波紋

公開日: 更新日:

 テレビ界に衝撃を与えた明石家さんまが司会を務める「さんまのスーパーからくりTV」(TBS系)の打ち切り。同番組は9月で終了するが、この波紋がお笑いタレントではなく、局アナにも動揺が広がっているというから意外だ。

 もちろん不安を募らせているのはTBSのアナウンサー。その筆頭は安住紳一郎(40)。以前からフリー転身説が飛び交っているが、経営陣の容赦ないリストラに、いよいよ危機感を強め、決断するのは時間の問題という情報が駆け巡っている。

 もっとも、これだけなら驚くには値しないのだが、「男子アナのエースの安住が動くなら」と日本テレビの人気アナ、桝太一(32)まで浮足立っているという。

「桝は現在、日テレの看板番組『ZIP!』を軌道にのせ、局内ではナンバーワンの評価です。フリーになれば、年に数千万円稼ぐのは確実で、好調ながら給料が安い日テレの中で、不満を募らせている。安住が動いたら便乗しようかと虎視眈々です。実際、桝に声をかけている事務所があるといわれています」(マスコミ関係者)

 日テレのエースだった羽鳥慎一が宮根誠司の所属事務所に移ったのは3年前。フリーになった羽鳥は順風満帆。桝も安住と先輩に続けと考えていたら、日テレはピンチだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  4. 4

    広瀬すず「嫌いな女優」2位 松田聖子バッシングとの酷似点

  5. 5

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    末期がんで逝った父・三郎 唐沢寿明が演じたモデルと晩年

  9. 8

    金子ノブアキ演じた藤田嗣治とオペラ歌手・三浦環を結ぶ線

  10. 9

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

  11. 10

    小池都知事の無策が招く第2波襲来 専門家に懸念も他人事

もっと見る