日テレ桝アナも便乗? TBS安住アナ「フリー説」の波紋

公開日:  更新日:

 テレビ界に衝撃を与えた明石家さんまが司会を務める「さんまのスーパーからくりTV」(TBS系)の打ち切り。同番組は9月で終了するが、この波紋がお笑いタレントではなく、局アナにも動揺が広がっているというから意外だ。

 もちろん不安を募らせているのはTBSのアナウンサー。その筆頭は安住紳一郎(40)。以前からフリー転身説が飛び交っているが、経営陣の容赦ないリストラに、いよいよ危機感を強め、決断するのは時間の問題という情報が駆け巡っている。

 もっとも、これだけなら驚くには値しないのだが、「男子アナのエースの安住が動くなら」と日本テレビの人気アナ、桝太一(32)まで浮足立っているという。

「桝は現在、日テレの看板番組『ZIP!』を軌道にのせ、局内ではナンバーワンの評価です。フリーになれば、年に数千万円稼ぐのは確実で、好調ながら給料が安い日テレの中で、不満を募らせている。安住が動いたら便乗しようかと虎視眈々です。実際、桝に声をかけている事務所があるといわれています」(マスコミ関係者)

 日テレのエースだった羽鳥慎一が宮根誠司の所属事務所に移ったのは3年前。フリーになった羽鳥は順風満帆。桝も安住と先輩に続けと考えていたら、日テレはピンチだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る