日テレ上重聡アナの「退社Xデー」 針のむしろで関係者に相談

公開日: 更新日:

「5月に出版予定だった野球に関する書籍も発売を見合わせている状況。他にも上重アナがメーンで登場したバラエティー番組の放送延期が検討されています」(事情通)

 騒動は鎮火する気配を一向に見せていない。日本テレビの上重聡アナ(34)が、自身が司会を務める「スッキリ!!」の番組スポンサーであるABCマートの創業者から巨額の利益供与を受けていた件である。

 同番組では生謝罪し、日テレも個人的な問題として不問に付しているが、先週はまたも週刊文春報道で新たなスキャンダルが発覚。かつて甲子園で死闘を繰り広げた松坂大輔投手から06年のWBC優勝時にプレゼントされたサイン入りボールを売却したなどと報じられたのだ。

 日テレは松坂の事務所にも確認したとして、サイン入りボールを上重がもらったという報道について否定。さらには、法的措置も検討中と発表したが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    五輪開会式「極秘演出」がまさかのダダ漏れ! 臆面もなく再びゲーム頼みか

もっと見る