• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“特別枠”で4年ぶり紅白 小林幸子の涙ぐましい「二正面作戦」

 迷走していたNHK「紅白」の司会・出演者が26日夜に発表され、小林幸子(61)の「特別企画」枠での出演が決まった。個人事務所社長との喧嘩別れなどのトラブルイメージから、33回連続出場していた紅白から落選したのは2012年のこと。4年ぶりの復帰となるが、この間の小林の努力は涙ぐましいものだった。

「年末カウントダウンライブをニコニコ生放送で配信したり、同人誌の販売で知られるコミックマーケットでCDを手売りしたり、今年3月にはプロレスデビューしてボブ・サップにフォール勝ちしたり……。周囲が“何を目指しているのか”とハラハラするぐらい、むしろオタクの若者をターゲットにして活動していました」(音楽記者)

 目玉を探していたNHKも、そうした“話題性”に目を付けたのかもしれないが、奇麗ごとだけで済まないのが日本の芸能界。裏ではこんなウワサも流れている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事