「ラスボス」でファン拡大 小林幸子が傾けた思い出のコップ酒

公開日:  更新日:

 10歳でデビューし、芸能生活は、はや51年。最近は「ラスボス(ラストボスの略称)」キャラで10代など若い世代のファンも増えている。しかし、売れるまで15年もの下積み時代があった。歌手・小林幸子さん(61)が初めて語る大ヒット曲「おもいで酒」の秘話……。

◇ ◇ ◇

 デビューは華やかでしたよ。TBSの素人参加番組「歌まね読本」で優勝したのがきっかけで歌謡界の大御所、古賀政男先生にスカウトされ、10歳だった64年6月にデビュー曲「ウソツキ鴎」をリリース。これがスマッシュヒットして、映画やテレビドラマの子役などもいただきましたから。ところが、2曲目以降ずっと鳴かず飛ばず。10代はひたすらキャンペーンでレコード店や、年を偽りキャバレー回りなどをしてました。

 売れなかった時代は正直、すごくつらかった。地方で泊まるのは、ホテルや旅館じゃなくてキャバレーの楽屋の時も。真冬には壁の隙間から雪が吹き込んでくることも珍しくなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る