• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

タモリ辞退でまだ混乱 紅白司会者発表1カ月遅れの異常事態

「一体、今年の紅白はどうなっているんだ」

 そんな声が渦巻いている。通常なら10月半ばには司会者の発表が行われるが、1カ月以上も遅れているのに、まだ正式な発表がないのだ。

 司会者に関しては一部スポーツ紙がタモリが総合司会、紅組、白組が朝の「あさイチ」のMCコンビ、有働由美子、井ノ原快彦という報道があったが、10月半ば過ぎにタモリ側から辞退したという報道が出て、司会者は白紙に戻った。

 その後、11月に入って総合司会が有働、紅組・綾瀬はるか、白組・井ノ原という報道が出て、あたかもこの3人で決まったかのような印象だが、まだ決定事項ではない。

 そもそもタモリ側が辞退したことが混乱の一因だが、何があったのか。

「発表前に情報が漏れてタモリがヘソを曲げたとか、タモリは12月末にヨット関連の予定が入っていて紅白のリハーサルの時間が取れないのに、リハがビッチリあるという情報をきちんと伝えなかったことに反発した、さらにタモリが出ることで大の仲良しの井上陽水の出場も決まったと書かれて怒った、といったさまざまな情報が流れました。しかし、ちょっと違っていて、単純に発表前に漏れたらサプライズにならないじゃないかとタモリが呆れたそうで、それが真相ではないか」(音楽関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事