映画「亀岡拓次」のモデル 宇野祥平は6畳一間の居候が原点

公開日: 更新日:

 脚光を浴びる主役ではないが、哀愁の漂う演技が人気で100本以上の映画に出演している。そんな名脇役の宇野祥平(37)は売れるまで、生花店の裏方、ボートレースの中継係、パチンコ店に建設現場、喫茶店などでのアルバイトで食いつないできた。

「何だっていい、手に職をつけなさい」って祖母に言われていたこともあって、高校を出てすぐ、働き始めました。最初は就職しましたが、すぐに辞めてしまい、花屋をやっている叔父の紹介で、別の花屋で働くことになりました。仕入れから搬入、掃除など裏方の仕事をしていました。花というと、オシャレで奇麗な印象があったんですけど、トラックから段ボール箱で搬入するのはとても重く、冬の水の冷たさといい、バラのトゲ抜きといい、大変な肉体労働でした。

 住んでいた大阪から、京都方面の香里園という駅の近くにある店で、電車で通いながら、「オッチャン」と呼んでいた店主からもらった本を読んでいたときでした。花の本で、オッチャンが心から花を好きなんだなあと思ったんです。そのとき浮かんだのが、小さいころ、祖父に連れられた映画館のこと。旧作3本立てなどを大人たちに交じって見上げていて、「日本一!」と確か勝新さんに声が上がるのを聞きながら、スクリーンの向こう側にはすごいものがあると思っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  6. 6

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  7. 7

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  8. 8

    立憲・枝野幸男代表が苦言「今の会見は15分で切っちゃう」

  9. 9

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  10. 10

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る