映画「亀岡拓次」のモデル 宇野祥平は6畳一間の居候が原点

公開日: 更新日:

 脚光を浴びる主役ではないが、哀愁の漂う演技が人気で100本以上の映画に出演している。そんな名脇役の宇野祥平(37)は売れるまで、生花店の裏方、ボートレースの中継係、パチンコ店に建設現場、喫茶店などでのアルバイトで食いつないできた。

「何だっていい、手に職をつけなさい」って祖母に言われていたこともあって、高校を出てすぐ、働き始めました。最初は就職しましたが、すぐに辞めてしまい、花屋をやっている叔父の紹介で、別の花屋で働くことになりました。仕入れから搬入、掃除など裏方の仕事をしていました。花というと、オシャレで奇麗な印象があったんですけど、トラックから段ボール箱で搬入するのはとても重く、冬の水の冷たさといい、バラのトゲ抜きといい、大変な肉体労働でした。

 住んでいた大阪から、京都方面の香里園という駅の近くにある店で、電車で通いながら、「オッチャン」と呼んでいた店主からもらった本を読んでいたときでした。花の本で、オッチャンが心から花を好きなんだなあと思ったんです。そのとき浮かんだのが、小さいころ、祖父に連れられた映画館のこと。旧作3本立てなどを大人たちに交じって見上げていて、「日本一!」と確か勝新さんに声が上がるのを聞きながら、スクリーンの向こう側にはすごいものがあると思っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  10. 10

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る