逮捕の危険も…俳優・中村ゆうじが語るストリップ修行時代

公開日:  更新日:

 バラエティー番組を中心に、リポーターや司会者としても活躍する俳優の中村ゆうじさん(59)。パントマイムの第一人者でもあり、その世界では一目置かれる存在だが、下積み時代にはストリップの名門、「渋谷道頓堀劇場」で修業したこともあった。

■楽しみは外国人ダンサーとの“民間交流”でした

 渋谷道頓堀劇場でコメディアン兼雑用係をしてたのは1980年代の前半。25~27歳の足かけ3年間です。

 当時は名コメディアンの杉兵助師匠がストリップの幕あいにコントをやってらして、弟子入りしたんです。

 でも、想像以上に過酷な毎日でした。まず朝9時過ぎに、劇場から歩いて7、8分の師匠宅へお邪魔し、身の回りのお世話からスタート。足が悪いのに一人暮らししてらしたから、介助しながら劇場へお連れして、すぐに開演の準備。オープン後は司会・進行、照明や音響、ダンサーさんがステージに投げたパンティーの回収、それに買い物の代行……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  6. 6

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  7. 7

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  8. 8

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  9. 9

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  10. 10

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

もっと見る