三遊亭遊史郎さんが述懐 夫公認で人妻と同棲した二つ目時代

公開日:  更新日:

 青山学院大文学部英米文学科在学中、三遊亭小遊三師匠に入門。14年かけ、05年に真打ちに昇進した三遊亭遊史郎さんは、三味線や日舞を得意とする落語家だ。その二つ目時代は……。

 前座から二つ目に昇進するのに、4年かかりました。ただ、経済的な面となると、意外かもしれませんが、前座の時の方がよかったんです。

 前座時代は、横浜市の自宅から練馬区の師匠のご自宅に1時間半ほどかけて通い、家の掃除や身の回りのお世話をしてました。いわゆるカバン持ちですね。

 交通費は出ませんが、師匠がお小遣いを下さいましたし、人気落語家でしたので、ほぼ毎日、寄席や落語会に出演しており、私も毎日、前座修業ができました。

 前座のお給金は1部1000円。昼の部、夜の部と両方務めれば2000円です。また、寄席以外の高座は一席しゃべって5000~1万円になり、時にはご祝儀まで。飲食は当然、ゴチです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る