三遊亭遊史郎さんが述懐 夫公認で人妻と同棲した二つ目時代

公開日: 更新日:

 青山学院大文学部英米文学科在学中、三遊亭小遊三師匠に入門。14年かけ、05年に真打ちに昇進した三遊亭遊史郎さんは、三味線や日舞を得意とする落語家だ。その二つ目時代は……。

 前座から二つ目に昇進するのに、4年かかりました。ただ、経済的な面となると、意外かもしれませんが、前座の時の方がよかったんです。

 前座時代は、横浜市の自宅から練馬区の師匠のご自宅に1時間半ほどかけて通い、家の掃除や身の回りのお世話をしてました。いわゆるカバン持ちですね。

 交通費は出ませんが、師匠がお小遣いを下さいましたし、人気落語家でしたので、ほぼ毎日、寄席や落語会に出演しており、私も毎日、前座修業ができました。

 前座のお給金は1部1000円。昼の部、夜の部と両方務めれば2000円です。また、寄席以外の高座は一席しゃべって5000~1万円になり、時にはご祝儀まで。飲食は当然、ゴチです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  3. 3

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  4. 4

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る