三遊亭遊史郎さんが述懐 夫公認で人妻と同棲した二つ目時代

公開日: 更新日:

 青山学院大文学部英米文学科在学中、三遊亭小遊三師匠に入門。14年かけ、05年に真打ちに昇進した三遊亭遊史郎さんは、三味線や日舞を得意とする落語家だ。その二つ目時代は……。

 前座から二つ目に昇進するのに、4年かかりました。ただ、経済的な面となると、意外かもしれませんが、前座の時の方がよかったんです。

 前座時代は、横浜市の自宅から練馬区の師匠のご自宅に1時間半ほどかけて通い、家の掃除や身の回りのお世話をしてました。いわゆるカバン持ちですね。

 交通費は出ませんが、師匠がお小遣いを下さいましたし、人気落語家でしたので、ほぼ毎日、寄席や落語会に出演しており、私も毎日、前座修業ができました。

 前座のお給金は1部1000円。昼の部、夜の部と両方務めれば2000円です。また、寄席以外の高座は一席しゃべって5000~1万円になり、時にはご祝儀まで。飲食は当然、ゴチです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  7. 7

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  8. 8

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

もっと見る