三遊亭遊史郎さんが述懐 夫公認で人妻と同棲した二つ目時代

公開日:  更新日:

 青山学院大文学部英米文学科在学中、三遊亭小遊三師匠に入門。14年かけ、05年に真打ちに昇進した三遊亭遊史郎さんは、三味線や日舞を得意とする落語家だ。その二つ目時代は……。

 前座から二つ目に昇進するのに、4年かかりました。ただ、経済的な面となると、意外かもしれませんが、前座の時の方がよかったんです。

 前座時代は、横浜市の自宅から練馬区の師匠のご自宅に1時間半ほどかけて通い、家の掃除や身の回りのお世話をしてました。いわゆるカバン持ちですね。

 交通費は出ませんが、師匠がお小遣いを下さいましたし、人気落語家でしたので、ほぼ毎日、寄席や落語会に出演しており、私も毎日、前座修業ができました。

 前座のお給金は1部1000円。昼の部、夜の部と両方務めれば2000円です。また、寄席以外の高座は一席しゃべって5000~1万円になり、時にはご祝儀まで。飲食は当然、ゴチです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  9. 9

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  10. 10

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

もっと見る