• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“号泣県議”野々村被告が出廷 スキンヘッドで起訴内容を否認

 政務活動費をだまし取った詐欺罪などに問われ、在宅起訴された“号泣県議”野々村竜太郎被告(49)の初公判が26日、神戸地裁で開かれた。

 午前10時半の開廷前から傍聴人が列をなし、報道陣が大挙。兵庫県警が周辺の警備に当たった。

 野々村被告は濃いグレーのスーツにネクタイ、メガネをかけ頭髪はほぼ“スキンヘッド”の状態で法廷に立った。裁判長に本人確認の質問をされると、「野々村竜太郎です」とハッキリと返答。ところが、罪状認否では、メモに目を落としながら「虚偽の収支報告書を提出したことは決してない」と述べ、起訴内容を否認した。

 昨年11月の初公判をドタキャン。25日、神戸地裁に身柄を拘束された。26日に延期された初公判に強制的に出廷させるため、地裁が勾引状を発布していたのだ。

 2014年に発布された勾引状は88件しかなく、法曹関係者でも馴染みが薄い強制処分だ。篠原一廣弁護士(篠原総合法律事務所)も「接した経験がない。裁判所からよほど信用されていないのでしょう」と話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る