“号泣県議”野々村被告が出廷 スキンヘッドで起訴内容を否認

公開日: 更新日:

 政務活動費をだまし取った詐欺罪などに問われ、在宅起訴された“号泣県議”野々村竜太郎被告(49)の初公判が26日、神戸地裁で開かれた。

 午前10時半の開廷前から傍聴人が列をなし、報道陣が大挙。兵庫県警が周辺の警備に当たった。

 野々村被告は濃いグレーのスーツにネクタイ、メガネをかけ頭髪はほぼ“スキンヘッド”の状態で法廷に立った。裁判長に本人確認の質問をされると、「野々村竜太郎です」とハッキリと返答。ところが、罪状認否では、メモに目を落としながら「虚偽の収支報告書を提出したことは決してない」と述べ、起訴内容を否認した。

 昨年11月の初公判をドタキャン。25日、神戸地裁に身柄を拘束された。26日に延期された初公判に強制的に出廷させるため、地裁が勾引状を発布していたのだ。

 2014年に発布された勾引状は88件しかなく、法曹関係者でも馴染みが薄い強制処分だ。篠原一廣弁護士(篠原総合法律事務所)も「接した経験がない。裁判所からよほど信用されていないのでしょう」と話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  5. 5

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  6. 6

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

  9. 9

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  10. 10

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

もっと見る