“号泣県議”野々村被告が出廷 スキンヘッドで起訴内容を否認

公開日: 更新日:

 政務活動費をだまし取った詐欺罪などに問われ、在宅起訴された“号泣県議”野々村竜太郎被告(49)の初公判が26日、神戸地裁で開かれた。

 午前10時半の開廷前から傍聴人が列をなし、報道陣が大挙。兵庫県警が周辺の警備に当たった。

 野々村被告は濃いグレーのスーツにネクタイ、メガネをかけ頭髪はほぼ“スキンヘッド”の状態で法廷に立った。裁判長に本人確認の質問をされると、「野々村竜太郎です」とハッキリと返答。ところが、罪状認否では、メモに目を落としながら「虚偽の収支報告書を提出したことは決してない」と述べ、起訴内容を否認した。

 昨年11月の初公判をドタキャン。25日、神戸地裁に身柄を拘束された。26日に延期された初公判に強制的に出廷させるため、地裁が勾引状を発布していたのだ。

 2014年に発布された勾引状は88件しかなく、法曹関係者でも馴染みが薄い強制処分だ。篠原一廣弁護士(篠原総合法律事務所)も「接した経験がない。裁判所からよほど信用されていないのでしょう」と話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

もっと見る