• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

10人で切手400万円…号泣県議辞職も兵庫県議会に激震

「号泣県議」で日本中の注目を集めた兵庫県議会に再び激震が走っている。野々村竜太郎前県議が辞職し、騒動が一段落するかと思いきや、今度は地元の市民団体が全89議員の政務活動費の調査に乗り出したからだ。

「市民オンブズマン兵庫」「市民オンブズ尼崎」「市民オンブズ西宮」の3団体が13年度の政活費を徹底的に調べ上げ、野々村前県議と同様に不自然な点が判明した場合、説明できなければ、住民監査請求や刑事告発する。兵庫県議会ではすでに、野々村前議員とは別に10人の議員が11~12年度だけで計400万円分の切手を購入していたことが分かっている。デタラメな使い方をしている議員がいる可能性は大だ。

■「小説 選挙参謀」購入

「市民オンブズ尼崎」世話人の丸尾牧県議はこう言う。
「県議会では、切手購入以外にも首をかしげたくなるような支出がありますね。詳細の調査はこれからですが、ざっと見ただけでも懇親会費や事務所の修繕費、自転車購入費などが確認されています。『小説 選挙参謀』という本の購入もありましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る