自伝バカ売れ 火野正平が体現する“モテるオジサン”の極意

公開日:  更新日:

 現在66歳の火野正平が“第2の青春”を迎えている。先月末に発売した著書「若くなるには、時間がかかる」(講談社刊)が好評で「共感殺到、たちまち重版」なのだとか。

 きっかけになっているのは、言うまでもなくNHK-BSプレミアムで放送されていた「にっぽん縦断 こころ旅」。視聴者から寄せられた手紙をもとに、思い出の地を自転車で訪ねるだけの番組だが、これがなぜか受けている。魅力はどこにあるのか。

「一言で言えば“自然体”ですね。自転車をこいでいるときはニットキャップをかぶっているものの、お店に入るようなときにはキャップを脱いで、ハゲ頭を堂々とさらしている。さらに、世間でこれだけ“喫煙バッシング”が高まっているご時世にもかかわらず、“1日70本は吸う”というたばこを番組中もプカプカやって、喫煙派は快哉を叫んでいます」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  5. 5

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

もっと見る