火野正平は“自然体”で 人選の善し悪しで決まる「散歩番組」

公開日: 更新日:

 お散歩番組が花盛り。芸能人が人と触れ合いながら街と食を紹介する通称「街ブラ」。番組関係者は、「ロケには手間暇かかるが、さほど制作費もかからず、数字も取れる」という。最近はタモリやマツコ・デラックスも歩いている。大阪では西川きよし、福岡では前川清も歩いている。

 そんななか、徒歩ではなく自転車で全国を回り異彩を放っているのが俳優の火野正平。視聴者から寄せられた思い出の地を火野が自転車で訪ねる「にっぽん縦断こころ旅」(NHKBSプレミアム)も好評だ。

 芸能界一の「プレーボーイ」といわれた男と健康的なサイクリング旅が結び付きにくい。芸能界に「プレーボーイ」と呼ばれた男は何人もいるが、火野を超える人はいないと思う。当時の火野は本業の役者としてよりも、ワイドショーで見るほうが多いほど騒がれた。

 常に彼女がいた。相手は女優、歌手、女性マネジャーと多種多彩。片岡愛之助のように別れ際にトラブルを起こしたこともない。当時の火野は妻子ある身だったが、家庭騒動に発展した様子もなかった。それでいて、役者としてのダメージにもならなかった。連日のようにリポーターらが火野を直撃。火野は逃げ隠れせず、「付き合っているよ。それがなにか――」と言わんばかりに屈託のない笑顔で答えていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  6. 6

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  7. 7

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  10. 10

    7歳児が母の形見を紛失! テディベア捜索作戦の嬉しい結末

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る