日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

真相は藪の中 デート報道のTBS小林悠アナ“電撃退社”の波紋

「健康上の理由」のため、4日にTBSを依願退職したと、同局からのファクスで発表された小林悠アナウンサー(30)。電撃退社の引き金は、今年2月、六本木の高級ホテルなどでの実業家の男とのデートを報じた「週刊ポスト」の記事とみられている。

 4日のスポーツ紙は、知人の話として、「周りから結婚するの? と聞かれる。詮索されるのがつらい」と漏らしていたという。また、デートを報じられた相手の男に「少なくとも別の女性か、結婚している相手がいたかもしれない」と話す関係者もいて、そうしたストレスから精神的に不安定な状態になり、今月28日からの出演が決まっていたTBSの看板報道番組「NEWS23」を辞退し、退職となっていった。

 退職は、小林アナがパーソナリティーを務めるTBSラジオ「小林悠 たまむすび」でも伝えられた。共演の玉袋筋太郎は「私なりのはなむけは、バカヤロー」などと、ねぎらっていたが……。

 デートを報じられた実業家のほか、同期との交際も噂されていた。先のスポーツ紙は「“ゲスな男”にだまされた末の悲劇」としているが、真相はヤブの中!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事