真相は藪の中 デート報道のTBS小林悠アナ“電撃退社”の波紋

公開日: 更新日:

「健康上の理由」のため、4日にTBSを依願退職したと、同局からのファクスで発表された小林悠アナウンサー(30)。電撃退社の引き金は、今年2月、六本木の高級ホテルなどでの実業家の男とのデートを報じた「週刊ポスト」の記事とみられている。

 4日のスポーツ紙は、知人の話として、「周りから結婚するの? と聞かれる。詮索されるのがつらい」と漏らしていたという。また、デートを報じられた相手の男に「少なくとも別の女性か、結婚している相手がいたかもしれない」と話す関係者もいて、そうしたストレスから精神的に不安定な状態になり、今月28日からの出演が決まっていたTBSの看板報道番組「NEWS23」を辞退し、退職となっていった。

 退職は、小林アナがパーソナリティーを務めるTBSラジオ「小林悠 たまむすび」でも伝えられた。共演の玉袋筋太郎は「私なりのはなむけは、バカヤロー」などと、ねぎらっていたが……。

 デートを報じられた実業家のほか、同期との交際も噂されていた。先のスポーツ紙は「“ゲスな男”にだまされた末の悲劇」としているが、真相はヤブの中!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  5. 5

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    石田純一「法的手段も考えている」の裏に理子夫人への鬱積

  8. 8

    マスクが着用できない自閉症児を搭乗拒否…航空会社に賛否

  9. 9

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  10. 10

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

もっと見る