山口智子「生まない選択」発言は女性にどう“刺さった”のか

公開日: 更新日:

「私はずっと、子どもを産んで育てる人生ではない、別の人生を望んでいました」。これは山口智子(51)が女性誌「FRaU」(講談社)3月号のインタビューで語った言葉。

 産まないという選択をしたことに、みじんの後悔もないと言い切った。

 これに世の女性たちが「カッコイイ」「ステキ」と共感し、話題になっている。

「女性は産む機械」という大臣の失言が激しく叩かれたこともあったが、昨今は産まない選択も尊重されるべきという声が高まっている。ところが、問題はそう単純じゃない。ノンフィクション恋愛作家の亀山早苗氏はこう言う。

「山口智子さんの発言が女性たちの間で話題になっているのは、裏を返せば、女性たちの中にもどこかに『産まなくてはいけない』という思いがあったり、『産んだほうがよかったのかな』という後悔があったりするからだと思います。だから、強く言い切ってくれたことに、救われた人が多かったということではないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  2. 2

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る