「家族はつらいよ」がヒット 山田洋次監督に再び全盛期が

公開日:  更新日:

【大高宏雄「エンタメ最前線」】

 山田洋次監督がとても元気だ。現在84歳。「母と暮せば」に続いて演出した「家族はつらいよ」がヒットしているのである。2週目にして、すでに興収8億円を突破。15億円以上が射程に入った。

 今月、授賞式があった第39回日本アカデミー賞で、二宮和也が最優秀主演男優賞を受賞した「母と暮せば」は最終で19億円前後まで伸びるという。「家族はつらいよ」と合わせると、何と40億円近くまで見込めそうだというから驚く。

 50年以上にわたる監督生活の中で、ここまで短期間でヒットが続いたのは珍しい。失礼ながら、ひょっとして再び監督の全盛期がやってきたのかもしれない。

「家族はつらいよ」はある熟年夫婦の離婚話を面白おかしく描く。なぜ、妻は離婚を言い出したのか。夫の日常のがさつな所作が気に食わなくなったのだ。「わかる、わかる」という女性も多いだろう。ここに、古い道徳観に縛られてはいない本作の見どころがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る