「家族はつらいよ」がヒット 山田洋次監督に再び全盛期が

公開日: 更新日:

【大高宏雄「エンタメ最前線」】

 山田洋次監督がとても元気だ。現在84歳。「母と暮せば」に続いて演出した「家族はつらいよ」がヒットしているのである。2週目にして、すでに興収8億円を突破。15億円以上が射程に入った。

 今月、授賞式があった第39回日本アカデミー賞で、二宮和也が最優秀主演男優賞を受賞した「母と暮せば」は最終で19億円前後まで伸びるという。「家族はつらいよ」と合わせると、何と40億円近くまで見込めそうだというから驚く。

 50年以上にわたる監督生活の中で、ここまで短期間でヒットが続いたのは珍しい。失礼ながら、ひょっとして再び監督の全盛期がやってきたのかもしれない。

「家族はつらいよ」はある熟年夫婦の離婚話を面白おかしく描く。なぜ、妻は離婚を言い出したのか。夫の日常のがさつな所作が気に食わなくなったのだ。「わかる、わかる」という女性も多いだろう。ここに、古い道徳観に縛られてはいない本作の見どころがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る