興収20億円超えがもう30本 2015年「映画の当たり年」の背景

公開日: 更新日:

 今年の振り返りはまだ早いが、映画界はヒット作品が多かった。ヒットのひとつの目安である興収20億円を超えた作品がすでに30本。これは2000年以降では、一番多かった09年の30本と同本数だ。

 内訳は邦画が18本、洋画が12本。09年のときも邦画18本、洋画12本だったのでまったく同じ。ただ、今年の洋画は30億円以上が8本あり、これは09年の7本を上回る。洋画は、強力シリーズものが夏に集中したことが大きい。

 おそらく今年の最高のヒットは夏公開の「ジュラシック・ワールド」(推定93億円)となろう。「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」(推定52億円)を含め、夏に公開された洋画では、5本が30億円を超えた。

 洋画ファンが復活したというより近年では飛び抜けて豊富だった話題作に、世代や階層を超えて多くの観客が飛びついたということだろう。スマホが中心の社会になっても、映画館に足を運ぶ若い人は多い。たくさんの人と共有する場である映画館に若い人が集まるのは何ともうれしいかぎりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

  2. 2
    小室圭さん母子の金銭トラブルでスポーツ紙の誤報を垂れ流す「ゴゴスマ」に疑問

    小室圭さん母子の金銭トラブルでスポーツ紙の誤報を垂れ流す「ゴゴスマ」に疑問

  3. 3
    東出昌大"飼い殺し"で引退危機…ハーフ美女「呼び寄せ愛」の重すぎる代償

    東出昌大"飼い殺し"で引退危機…ハーフ美女「呼び寄せ愛」の重すぎる代償

  4. 4
    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

  5. 5
    巨人痛恨の連敗で7.5差、事実上の“終戦”に…今オフ狙われるのは菅野よりこの男!

    巨人痛恨の連敗で7.5差、事実上の“終戦”に…今オフ狙われるのは菅野よりこの男!

もっと見る

  1. 6
    群馬の「暴威」は手の付けられない不良だった

    群馬の「暴威」は手の付けられない不良だった

  2. 7
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  3. 8
    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

  4. 9
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

  5. 10
    元巨人“代走のスペシャリスト”鈴木尚広さんが東京・世田谷で農業に夢中なワケ

    元巨人“代走のスペシャリスト”鈴木尚広さんが東京・世田谷で農業に夢中なワケ