興収20億円超えがもう30本 2015年「映画の当たり年」の背景

公開日: 更新日:

 今年の振り返りはまだ早いが、映画界はヒット作品が多かった。ヒットのひとつの目安である興収20億円を超えた作品がすでに30本。これは2000年以降では、一番多かった09年の30本と同本数だ。

 内訳は邦画が18本、洋画が12本。09年のときも邦画18本、洋画12本だったのでまったく同じ。ただ、今年の洋画は30億円以上が8本あり、これは09年の7本を上回る。洋画は、強力シリーズものが夏に集中したことが大きい。

 おそらく今年の最高のヒットは夏公開の「ジュラシック・ワールド」(推定93億円)となろう。「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」(推定52億円)を含め、夏に公開された洋画では、5本が30億円を超えた。

 洋画ファンが復活したというより近年では飛び抜けて豊富だった話題作に、世代や階層を超えて多くの観客が飛びついたということだろう。スマホが中心の社会になっても、映画館に足を運ぶ若い人は多い。たくさんの人と共有する場である映画館に若い人が集まるのは何ともうれしいかぎりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    玉川徹だけじゃない コロナ報道で“的を得ている”2人の名前

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    渡部建は“針のむしろ”状態…義母を含め家族で自宅に籠城中

  10. 10

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

もっと見る