• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初主演「セーラー服と機関銃」がコケた橋本環奈の正念場

 今月5日から公開されている橋本環奈(17)の初主演映画「セーラー服と機関銃」が見事に大コケしてしまった。

 81年公開の薬師丸ひろ子の主演作をリメーク。「角川映画40周年記念作品」という金看板を引っ提げて全国238館で公開され、公開前には大々的にPRイベントを行ったにもかかわらず、「公開初日の興収はわずか3000万円足らず。最終的に興収は1億に届くかどうか微妙なところ」(映画ライター)という。

 それでも、ネット上のレビューではかなりの高評価が目立ち、書き込みの“サクラ疑惑”が指摘されるほど。

「2番手で出演した長谷川博己は親しい関係者に『あんなただのアイドル映画になるはずじゃなかった』とグチをこぼしていたそうです」(映画関係者)

 敗因はどこにあったのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  10. 10

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

もっと見る