小保方さん“希望”託しHP開設 STAP細胞の作製手順を公開

公開日: 更新日:

「STAP細胞の研究が科学の最前線に戻ることを願う」――。理化学研究所の元研究員・小保方晴子氏(32)がSTAP細胞の作製手順を公開するサイト“ホープページ”を開設した。

 ホームページ内は全文英語表記。「あいさつ」と書かれた部分では「『STAP論文』について、科学者として深い反省と心からの謝罪を表明する」と陳謝。自身については「うつ病の治療中で、精神的、身体的に万全ではない」と説明し、「いつか科学の最前線に戻ることを心から願っている」と“希望”が書かれていた。

 代理人弁護士によるとホームページについて「将来的にSTAP現象に興味を持った科学者が研究に取り組めるよう手助けをしたい」と話し、今後は体調を見ながら作製手順を更新するという。

 小保方氏は今年1月に著書「あの日」(講談社)を出版。捏造や改ざんがあったとする理研に反論していた。どうやら、これからも“闘い”は続くようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る