小保方さん“希望”託しHP開設 STAP細胞の作製手順を公開

公開日:  更新日:

「STAP細胞の研究が科学の最前線に戻ることを願う」――。理化学研究所の元研究員・小保方晴子氏(32)がSTAP細胞の作製手順を公開するサイト“ホープページ”を開設した。

 ホームページ内は全文英語表記。「あいさつ」と書かれた部分では「『STAP論文』について、科学者として深い反省と心からの謝罪を表明する」と陳謝。自身については「うつ病の治療中で、精神的、身体的に万全ではない」と説明し、「いつか科学の最前線に戻ることを心から願っている」と“希望”が書かれていた。

 代理人弁護士によるとホームページについて「将来的にSTAP現象に興味を持った科学者が研究に取り組めるよう手助けをしたい」と話し、今後は体調を見ながら作製手順を更新するという。

 小保方氏は今年1月に著書「あの日」(講談社)を出版。捏造や改ざんがあったとする理研に反論していた。どうやら、これからも“闘い”は続くようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る