小保方さんが悲劇のヒロイン? 手記に早くも“映画化”構想

公開日:  更新日:

〈私の心は正しくなかったのか。これまでの生き方全部が間違っていたのか。そう自問し、ただただ涙がこぼれた。〉

 世紀の大発見として話題になったあの「STAP細胞」発表から丸2年の今月28日。元理研の小保方晴子氏(32)が手記「あの日」を発売した。

 4月に開いた記者会見以降、かたくなに口を閉ざしてきたが、手記の中身は過熱するマスコミに対する怒りと若山教授への不信感が満載。

〈毎日新聞の須田桃子記者からの取材攻勢は殺意すら感じさせるものがあった。脅迫のようなメールが「取材」名目でやって来る。〉〈若山先生が作った細胞を、若山先生ご自身が調べて「おかしい」と言っている異常な事態〉と記し、ワイドショーが散々騒いだ会見時の小保方氏の髪形についても〈病院の美容院で髪を切ってもらった。美容院にはテレビがついていて、(中略)無意識にテレビから目を背けると、美容師さんは私が小保方だとは気がつかなかったようで、私の写真が表紙の週刊誌を渡してくれた。美容師さんの気遣いだったのだと思うが、私はそのまま気絶し、看護師さんに迎えに来てもらって病室に戻った。〉と書いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る