「黄泉がえり」の原作者、熊本地震の“前兆現象”を確認か

公開日: 更新日:

 SMAP草なぎ剛(41)主演で2003年にヒットした映画「黄泉がえり」の原作小説の作者で熊本市在住の梶尾真治氏(68)が行ったツイートが、話題を呼んでいる。

 梶尾氏は14日の地震発生直後から1、2時間おきに、熊本市内の被害状況を報告。家具が散乱する自宅内の写真や屋外の様子を写真付きで伝えるなどしてきた。そして18日昼すぎ、「そういえば、16日の本震のとき、恐怖のあまり家を飛び出したとき、東の空が異様に明るかった。あれが地震光というやつだったのかなあ?」とツイートした。

 地震発生の瞬間やその直前に夜空の一部が明るくなる、という現象は、これまでに一部の学者の間で指摘されてきた説。震源となる断層に負荷がかかることで強力な電磁波や電位差が発生し、空気の分子が光り出すといわれるものだ。

 梶尾氏のツイッターにはこれ以上の言及はないため、どのような色で空が明るくなっていたかなどについては不明だが、学者でなくとも気になるツイートであることは確かだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  5. 5

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    朝日・産経は過去に賭け麻雀追及 黒川氏“雀友”3人の責任は

  8. 8

    安倍は森友と桜の2大疑惑が同時に司法の手にかかり断末魔

  9. 9

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

  10. 10

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

もっと見る