「黄泉がえり」の原作者、熊本地震の“前兆現象”を確認か

公開日:  更新日:

 SMAP草なぎ剛(41)主演で2003年にヒットした映画「黄泉がえり」の原作小説の作者で熊本市在住の梶尾真治氏(68)が行ったツイートが、話題を呼んでいる。

 梶尾氏は14日の地震発生直後から1、2時間おきに、熊本市内の被害状況を報告。家具が散乱する自宅内の写真や屋外の様子を写真付きで伝えるなどしてきた。そして18日昼すぎ、「そういえば、16日の本震のとき、恐怖のあまり家を飛び出したとき、東の空が異様に明るかった。あれが地震光というやつだったのかなあ?」とツイートした。

 地震発生の瞬間やその直前に夜空の一部が明るくなる、という現象は、これまでに一部の学者の間で指摘されてきた説。震源となる断層に負荷がかかることで強力な電磁波や電位差が発生し、空気の分子が光り出すといわれるものだ。

 梶尾氏のツイッターにはこれ以上の言及はないため、どのような色で空が明るくなっていたかなどについては不明だが、学者でなくとも気になるツイートであることは確かだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る