囲碁史上初7冠 井上裕太の才に磨きかけた1000局の鬼指導

公開日: 更新日:

 まさに快挙だ。棋聖、名人、本因坊、王座など6つのタイトルを持つ井山裕太六冠(26)が20日、都内で行われた対局で伊田篤史十段を下し、「十段」のタイトルを獲得した。史上初の七冠の誕生である。

 井山氏は1989年、東大阪市生まれ。5歳のとき、父が買ってくれたテレビゲームで囲碁の面白さを知り、小学校に上がる前の6歳で関西ローカルの囲碁番組に登場した。

 このときミニ碁で大人を相手に5人抜きを達成。同番組の解説を務めていた石井邦生九段を「ここ一番の大事な場面でじっと考える姿に感心した。とんでもない才能だ」と驚嘆させ、弟子入りを許された。

■師匠は「自分のすべてを伝えよう」

 井山氏の天才的な能力に磨きをかけたのが石井九段による1000局の指導だった。通常、囲碁の世界では、師匠が弟子と碁を打つのは入門したときと独立するときの2度だけとされる。ところが石井九段は「自分のすべてを伝えよう」と決め、実際に碁盤で打つほかインターネット対局などを使い、プロ入りまでに井山氏と1000局を打った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  6. 6

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  7. 7

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  8. 8

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  9. 9

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

  10. 10

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

もっと見る