• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

囲碁史上初7冠 井上裕太の才に磨きかけた1000局の鬼指導

 まさに快挙だ。棋聖、名人、本因坊、王座など6つのタイトルを持つ井山裕太六冠(26)が20日、都内で行われた対局で伊田篤史十段を下し、「十段」のタイトルを獲得した。史上初の七冠の誕生である。

 井山氏は1989年、東大阪市生まれ。5歳のとき、父が買ってくれたテレビゲームで囲碁の面白さを知り、小学校に上がる前の6歳で関西ローカルの囲碁番組に登場した。

 このときミニ碁で大人を相手に5人抜きを達成。同番組の解説を務めていた石井邦生九段を「ここ一番の大事な場面でじっと考える姿に感心した。とんでもない才能だ」と驚嘆させ、弟子入りを許された。

■師匠は「自分のすべてを伝えよう」

 井山氏の天才的な能力に磨きをかけたのが石井九段による1000局の指導だった。通常、囲碁の世界では、師匠が弟子と碁を打つのは入門したときと独立するときの2度だけとされる。ところが石井九段は「自分のすべてを伝えよう」と決め、実際に碁盤で打つほかインターネット対局などを使い、プロ入りまでに井山氏と1000局を打った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  8. 8

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

  9. 9

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る