• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

35歳でプロ再挑戦 脱サラ棋士・瀬川晶司氏「決断の瞬間」

「他の世界を見たから、もう一度、プロ棋士を目指せたのだと思います」

 2005年11月にプロ棋士四段となり、初の脱サラ棋士として注目される瀬川さん。96年、26歳の時に奨励会を退会し、サラリーマンを経験した。約10年のブランクを経て再びプロの道を目指したのは、35歳の時である。

「奨励会に入会したのは中学生の頃です。生涯プロとしてやっていくものだと思っていました。でも、プロになるには年齢制限があって、26歳までに四段にならないと資格を失う。私は一歩手前の三段で退会しました。いったん将棋から離れて大学に進み、将棋は“趣味”となったのです」

 大学を卒業後、NECの系列会社に就職し、NEC将棋部に所属。楽しんで指しながらも、アマチュア大会で活躍。プロ大会への出場資格も得て、好成績を挙げていく。05年2月末、プロ編入の嘆願書を日本将棋連盟に提出。プロ相手の戦績は17勝6敗だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  7. 7

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  8. 8

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  9. 9

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  10. 10

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

もっと見る