35歳でプロ再挑戦 脱サラ棋士・瀬川晶司氏「決断の瞬間」

公開日: 更新日:

「他の世界を見たから、もう一度、プロ棋士を目指せたのだと思います」

 2005年11月にプロ棋士四段となり、初の脱サラ棋士として注目される瀬川さん。96年、26歳の時に奨励会を退会し、サラリーマンを経験した。約10年のブランクを経て再びプロの道を目指したのは、35歳の時である。

「奨励会に入会したのは中学生の頃です。生涯プロとしてやっていくものだと思っていました。でも、プロになるには年齢制限があって、26歳までに四段にならないと資格を失う。私は一歩手前の三段で退会しました。いったん将棋から離れて大学に進み、将棋は“趣味”となったのです」

 大学を卒業後、NECの系列会社に就職し、NEC将棋部に所属。楽しんで指しながらも、アマチュア大会で活躍。プロ大会への出場資格も得て、好成績を挙げていく。05年2月末、プロ編入の嘆願書を日本将棋連盟に提出。プロ相手の戦績は17勝6敗だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  6. 6

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る