35歳でプロ再挑戦 脱サラ棋士・瀬川晶司氏「決断の瞬間」

公開日: 更新日:

「他の世界を見たから、もう一度、プロ棋士を目指せたのだと思います」

 2005年11月にプロ棋士四段となり、初の脱サラ棋士として注目される瀬川さん。96年、26歳の時に奨励会を退会し、サラリーマンを経験した。約10年のブランクを経て再びプロの道を目指したのは、35歳の時である。

「奨励会に入会したのは中学生の頃です。生涯プロとしてやっていくものだと思っていました。でも、プロになるには年齢制限があって、26歳までに四段にならないと資格を失う。私は一歩手前の三段で退会しました。いったん将棋から離れて大学に進み、将棋は“趣味”となったのです」

 大学を卒業後、NECの系列会社に就職し、NEC将棋部に所属。楽しんで指しながらも、アマチュア大会で活躍。プロ大会への出場資格も得て、好成績を挙げていく。05年2月末、プロ編入の嘆願書を日本将棋連盟に提出。プロ相手の戦績は17勝6敗だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る