• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

35歳でプロ再挑戦 脱サラ棋士・瀬川晶司氏「決断の瞬間」

「他の世界を見たから、もう一度、プロ棋士を目指せたのだと思います」

 2005年11月にプロ棋士四段となり、初の脱サラ棋士として注目される瀬川さん。96年、26歳の時に奨励会を退会し、サラリーマンを経験した。約10年のブランクを経て再びプロの道を目指したのは、35歳の時である。

「奨励会に入会したのは中学生の頃です。生涯プロとしてやっていくものだと思っていました。でも、プロになるには年齢制限があって、26歳までに四段にならないと資格を失う。私は一歩手前の三段で退会しました。いったん将棋から離れて大学に進み、将棋は“趣味”となったのです」

 大学を卒業後、NECの系列会社に就職し、NEC将棋部に所属。楽しんで指しながらも、アマチュア大会で活躍。プロ大会への出場資格も得て、好成績を挙げていく。05年2月末、プロ編入の嘆願書を日本将棋連盟に提出。プロ相手の戦績は17勝6敗だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  3. 3

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    敗れた日本戦でも露呈 コロンビアは不思議な“一流国”

  7. 7

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  8. 8

    事務所は否定も…Hey!Say!岡本圭人の脱退は時間の問題

  9. 9

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  10. 10

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

もっと見る