プロジェクト終了のコンピューターは羽生四冠を超えたのか

公開日: 更新日:

 将棋ファンは、聞き捨てならなかっただろう。情報処理学会が11日、「コンピュータ将棋プロジェクト」の終了を宣言した。プロジェクトは、同学会が2010年に創立50周年記念事業として、日本将棋連盟の協力を得て、コンピューター将棋「あから2010」とプロが対戦。同年に清水市代女流王将(当時)を破ったのを皮切りにプロとの対局を重ねつつ、コンピューターがレベルアップを図ってきた。

「コンピューター将棋の実力は、2015年の時点でトッププロに追いついている」(同学会)として、コンピューターがプロの実力に近づくという目的を達成したと判断。プロジェクトを終了した。

 大阪商大アミューズメント産業研究所主任研究員で、元「週刊将棋」編集長の古作登氏が言う。

「『あから』は169台のコンピューターを並列に並べたクラスターマシンで、相手の手を読むスピードは1秒間に最大1500万手に上りました。それから、ソフトもハードも進化を重ね、もはや制限時間が厳しい早指しでは人間はコンピューターに歯が立たないレベルになっています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  7. 7

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  8. 8

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

もっと見る