プロジェクト終了のコンピューターは羽生四冠を超えたのか

公開日: 更新日:

 将棋ファンは、聞き捨てならなかっただろう。情報処理学会が11日、「コンピュータ将棋プロジェクト」の終了を宣言した。プロジェクトは、同学会が2010年に創立50周年記念事業として、日本将棋連盟の協力を得て、コンピューター将棋「あから2010」とプロが対戦。同年に清水市代女流王将(当時)を破ったのを皮切りにプロとの対局を重ねつつ、コンピューターがレベルアップを図ってきた。

「コンピューター将棋の実力は、2015年の時点でトッププロに追いついている」(同学会)として、コンピューターがプロの実力に近づくという目的を達成したと判断。プロジェクトを終了した。

 大阪商大アミューズメント産業研究所主任研究員で、元「週刊将棋」編集長の古作登氏が言う。

「『あから』は169台のコンピューターを並列に並べたクラスターマシンで、相手の手を読むスピードは1秒間に最大1500万手に上りました。それから、ソフトもハードも進化を重ね、もはや制限時間が厳しい早指しでは人間はコンピューターに歯が立たないレベルになっています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  6. 6

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  7. 7

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  8. 8

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  9. 9

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

  10. 10

    「いきなり!ステーキ」米国上場廃止 NYでなぜ総スカン?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る