プロジェクト終了のコンピューターは羽生四冠を超えたのか

公開日: 更新日:

 将棋ファンは、聞き捨てならなかっただろう。情報処理学会が11日、「コンピュータ将棋プロジェクト」の終了を宣言した。プロジェクトは、同学会が2010年に創立50周年記念事業として、日本将棋連盟の協力を得て、コンピューター将棋「あから2010」とプロが対戦。同年に清水市代女流王将(当時)を破ったのを皮切りにプロとの対局を重ねつつ、コンピューターがレベルアップを図ってきた。

「コンピューター将棋の実力は、2015年の時点でトッププロに追いついている」(同学会)として、コンピューターがプロの実力に近づくという目的を達成したと判断。プロジェクトを終了した。

 大阪商大アミューズメント産業研究所主任研究員で、元「週刊将棋」編集長の古作登氏が言う。

「『あから』は169台のコンピューターを並列に並べたクラスターマシンで、相手の手を読むスピードは1秒間に最大1500万手に上りました。それから、ソフトもハードも進化を重ね、もはや制限時間が厳しい早指しでは人間はコンピューターに歯が立たないレベルになっています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  7. 7

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  8. 8

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  9. 9

    福山雅治が9年ぶり「ガリレオ」シリーズに意気込む カリスマ復活なるか?

  10. 10

    五輪開会式「極秘演出」がまさかのダダ漏れ! 臆面もなく再びゲーム頼みか

もっと見る