• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プロジェクト終了のコンピューターは羽生四冠を超えたのか

 将棋ファンは、聞き捨てならなかっただろう。情報処理学会が11日、「コンピュータ将棋プロジェクト」の終了を宣言した。プロジェクトは、同学会が2010年に創立50周年記念事業として、日本将棋連盟の協力を得て、コンピューター将棋「あから2010」とプロが対戦。同年に清水市代女流王将(当時)を破ったのを皮切りにプロとの対局を重ねつつ、コンピューターがレベルアップを図ってきた。

「コンピューター将棋の実力は、2015年の時点でトッププロに追いついている」(同学会)として、コンピューターがプロの実力に近づくという目的を達成したと判断。プロジェクトを終了した。

 大阪商大アミューズメント産業研究所主任研究員で、元「週刊将棋」編集長の古作登氏が言う。

「『あから』は169台のコンピューターを並列に並べたクラスターマシンで、相手の手を読むスピードは1秒間に最大1500万手に上りました。それから、ソフトもハードも進化を重ね、もはや制限時間が厳しい早指しでは人間はコンピューターに歯が立たないレベルになっています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る