ベッキー悩む今後のキャラ設定 “矢口の二の舞”避ける秘策

公開日:  更新日:

 不倫相手の川谷絵音(27)が妻と正式離婚し、ベッキー(32)が今月末の「金スマ」(TBS系)に出演することで、例のゲス不倫騒動は収束するそうだが、本当にそんなに簡単に終わるのか。

 問題は復帰後のベッキーのキャラクターづくりだ。「金スマ」では神妙に騒動を謝罪するのだろうが、その後は何事もなかったかのように振る舞えるとも思えない。

「ヘタをすると“連れ込み不倫”騒動を起こした矢口真里の二の舞いになる危険性があります。矢口も騒動後、『ミヤネ屋』で謝罪し、その後はいつもの矢口に戻ろうとしていたが、作戦がうまくいかず、ブログは毎回のように炎上、つい先日はせっかく獲得したCMが打ち切りになる事態に発展してしまった。ベッキーだって謝罪後、かつての“気が利く明るい子”に戻ったら、ファンから反発を食らう可能性は十分です」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る