• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ベッキー悩む今後のキャラ設定 “矢口の二の舞”避ける秘策

 不倫相手の川谷絵音(27)が妻と正式離婚し、ベッキー(32)が今月末の「金スマ」(TBS系)に出演することで、例のゲス不倫騒動は収束するそうだが、本当にそんなに簡単に終わるのか。

 問題は復帰後のベッキーのキャラクターづくりだ。「金スマ」では神妙に騒動を謝罪するのだろうが、その後は何事もなかったかのように振る舞えるとも思えない。

「ヘタをすると“連れ込み不倫”騒動を起こした矢口真里の二の舞いになる危険性があります。矢口も騒動後、『ミヤネ屋』で謝罪し、その後はいつもの矢口に戻ろうとしていたが、作戦がうまくいかず、ブログは毎回のように炎上、つい先日はせっかく獲得したCMが打ち切りになる事態に発展してしまった。ベッキーだって謝罪後、かつての“気が利く明るい子”に戻ったら、ファンから反発を食らう可能性は十分です」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  6. 6

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

もっと見る