ベッキー悩む今後のキャラ設定 “矢口の二の舞”避ける秘策

公開日: 更新日:

 不倫相手の川谷絵音(27)が妻と正式離婚し、ベッキー(32)が今月末の「金スマ」(TBS系)に出演することで、例のゲス不倫騒動は収束するそうだが、本当にそんなに簡単に終わるのか。

 問題は復帰後のベッキーのキャラクターづくりだ。「金スマ」では神妙に騒動を謝罪するのだろうが、その後は何事もなかったかのように振る舞えるとも思えない。

「ヘタをすると“連れ込み不倫”騒動を起こした矢口真里の二の舞いになる危険性があります。矢口も騒動後、『ミヤネ屋』で謝罪し、その後はいつもの矢口に戻ろうとしていたが、作戦がうまくいかず、ブログは毎回のように炎上、つい先日はせっかく獲得したCMが打ち切りになる事態に発展してしまった。ベッキーだって謝罪後、かつての“気が利く明るい子”に戻ったら、ファンから反発を食らう可能性は十分です」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  6. 6

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  7. 7

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  8. 8

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

もっと見る