• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ゲス川谷“卒論”提出で急展開 迫るベッキー完全復活の日

 すったもんだのゲス不倫騒動はついに“卒論”提出だ。

 今年1月の週刊文春で、ベッキー(32)との不倫が報じられたゲスの極み乙女。の川谷絵音(27)が9日、公式ブログを更新、離婚を発表した。

〈私事ではございますが、我々夫婦は話し合いの末に離婚しました事をご報告致します。これからもミュージシャンとして、1人の人間として、成長していけるように頑張ります〉と心境をつづった川谷は、8日にゲス極の全国ツアーが出身地の長崎で千秋楽公演を迎えており、ひとつの区切りとして翌9日に発表したと思われる。

「川谷は前妻に対してかなりの慰謝料を支払ったのは間違いない。それでもツアーはラストまで盛況でしたし、不倫騒動のダメージは引きずっていません」(音楽関係者)

 となれば気になるのは不倫の相手方のベッキーの今後だろう。騒動前には11本あったテレビ、ラジオのレギュラーは全て休業。すでに所属事務所サンミュージックの損害は5億円以上ともいわれている。関係者の間で芸能界復帰のタイミングが探られてきたが、「ベッキーが復帰するための条件となっていたのが騒動の最大の被害者である川谷の元妻の“許し”だった」と話すのは芸能プロ関係者だ。こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る