ゲス川谷“卒論”提出で急展開 迫るベッキー完全復活の日

公開日:  更新日:

 すったもんだのゲス不倫騒動はついに“卒論”提出だ。

 今年1月の週刊文春で、ベッキー(32)との不倫が報じられたゲスの極み乙女。の川谷絵音(27)が9日、公式ブログを更新、離婚を発表した。

〈私事ではございますが、我々夫婦は話し合いの末に離婚しました事をご報告致します。これからもミュージシャンとして、1人の人間として、成長していけるように頑張ります〉と心境をつづった川谷は、8日にゲス極の全国ツアーが出身地の長崎で千秋楽公演を迎えており、ひとつの区切りとして翌9日に発表したと思われる。

「川谷は前妻に対してかなりの慰謝料を支払ったのは間違いない。それでもツアーはラストまで盛況でしたし、不倫騒動のダメージは引きずっていません」(音楽関係者)

 となれば気になるのは不倫の相手方のベッキーの今後だろう。騒動前には11本あったテレビ、ラジオのレギュラーは全て休業。すでに所属事務所サンミュージックの損害は5億円以上ともいわれている。関係者の間で芸能界復帰のタイミングが探られてきたが、「ベッキーが復帰するための条件となっていたのが騒動の最大の被害者である川谷の元妻の“許し”だった」と話すのは芸能プロ関係者だ。こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

もっと見る