ゲス川谷“卒論”提出で急展開 迫るベッキー完全復活の日

公開日: 更新日:

 すったもんだのゲス不倫騒動はついに“卒論”提出だ。

 今年1月の週刊文春で、ベッキー(32)との不倫が報じられたゲスの極み乙女。の川谷絵音(27)が9日、公式ブログを更新、離婚を発表した。

〈私事ではございますが、我々夫婦は話し合いの末に離婚しました事をご報告致します。これからもミュージシャンとして、1人の人間として、成長していけるように頑張ります〉と心境をつづった川谷は、8日にゲス極の全国ツアーが出身地の長崎で千秋楽公演を迎えており、ひとつの区切りとして翌9日に発表したと思われる。

「川谷は前妻に対してかなりの慰謝料を支払ったのは間違いない。それでもツアーはラストまで盛況でしたし、不倫騒動のダメージは引きずっていません」(音楽関係者)

 となれば気になるのは不倫の相手方のベッキーの今後だろう。騒動前には11本あったテレビ、ラジオのレギュラーは全て休業。すでに所属事務所サンミュージックの損害は5億円以上ともいわれている。関係者の間で芸能界復帰のタイミングが探られてきたが、「ベッキーが復帰するための条件となっていたのが騒動の最大の被害者である川谷の元妻の“許し”だった」と話すのは芸能プロ関係者だ。こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る