ゲス川谷“卒論”提出で急展開 迫るベッキー完全復活の日

公開日: 更新日:

 すったもんだのゲス不倫騒動はついに“卒論”提出だ。

 今年1月の週刊文春で、ベッキー(32)との不倫が報じられたゲスの極み乙女。の川谷絵音(27)が9日、公式ブログを更新、離婚を発表した。

〈私事ではございますが、我々夫婦は話し合いの末に離婚しました事をご報告致します。これからもミュージシャンとして、1人の人間として、成長していけるように頑張ります〉と心境をつづった川谷は、8日にゲス極の全国ツアーが出身地の長崎で千秋楽公演を迎えており、ひとつの区切りとして翌9日に発表したと思われる。

「川谷は前妻に対してかなりの慰謝料を支払ったのは間違いない。それでもツアーはラストまで盛況でしたし、不倫騒動のダメージは引きずっていません」(音楽関係者)

 となれば気になるのは不倫の相手方のベッキーの今後だろう。騒動前には11本あったテレビ、ラジオのレギュラーは全て休業。すでに所属事務所サンミュージックの損害は5億円以上ともいわれている。関係者の間で芸能界復帰のタイミングが探られてきたが、「ベッキーが復帰するための条件となっていたのが騒動の最大の被害者である川谷の元妻の“許し”だった」と話すのは芸能プロ関係者だ。こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

もっと見る