矢口真里“不倫ネタ化”は逆効果 日清CM打ち切りではっきり

公開日:  更新日:

「不倫騒動の余波。過去の失敗を逆手に取って、仕事につなげたつもりが、逆効果に終わってしまった」と芸能関係者に言われているのが、タレントの矢口真里(33)。

「二兎を追う者は一兎をも得ず」と大学の教員として学生に語りかける場面が「不倫や虚偽を擁護している」と批判され、矢口の出演した「カップヌードル」のテレビCMが打ち切りとなったのである。

 日清食品は「失敗してもはい上がる力が大事だというメッセージをユーモアを込めて表現したが、不快な思いを感じさせてしまった」などとして、ホームページに謝罪文を掲載している。

「矢口が自らの不倫で活動休止したのが2013年。1年5カ月の謹慎後、謝罪し活動再開した後も、仕事に恵まれていない。それだけに、自虐ネタでありながら、オファーを受けたのが今回のCM。それで再び叩かれ打ち切りというのですから、泣くに泣けないでしょう」とスポーツ紙記者はその心境を推察した。実際、泣きっ面にハチだったに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る