矢口真里“不倫ネタ化”は逆効果 日清CM打ち切りではっきり

公開日: 更新日:

「不倫騒動の余波。過去の失敗を逆手に取って、仕事につなげたつもりが、逆効果に終わってしまった」と芸能関係者に言われているのが、タレントの矢口真里(33)。

「二兎を追う者は一兎をも得ず」と大学の教員として学生に語りかける場面が「不倫や虚偽を擁護している」と批判され、矢口の出演した「カップヌードル」のテレビCMが打ち切りとなったのである。

 日清食品は「失敗してもはい上がる力が大事だというメッセージをユーモアを込めて表現したが、不快な思いを感じさせてしまった」などとして、ホームページに謝罪文を掲載している。

「矢口が自らの不倫で活動休止したのが2013年。1年5カ月の謹慎後、謝罪し活動再開した後も、仕事に恵まれていない。それだけに、自虐ネタでありながら、オファーを受けたのが今回のCM。それで再び叩かれ打ち切りというのですから、泣くに泣けないでしょう」とスポーツ紙記者はその心境を推察した。実際、泣きっ面にハチだったに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    銚子電鉄 袖山里穂さん<前>アイドル車掌は会社をどう見る

  10. 10

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

もっと見る