二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

ベッキー復帰情報も…謝罪アピールに漂った違和感の正体

公開日: 更新日:

 不倫騒動から4カ月。ゲスの極み乙女。の川谷絵音が夫人と正式に離婚。ベッキーは5月中の復帰も報じられている。

「文春」のスクープに始まった不倫騒動の終結もやはり「文春」だった。GW直前、ベッキーが「文春」に宛てた手紙が誌面に載った。普通なら、沢尻エリカが謝罪告白を1番組でやったように、他のメディアを使うもの。当初、ベッキーも不倫に至った経緯や関係者への謝罪手紙などの情報を他のメディアで流していた。

 それが、突然の心変わり。「文春」の一連の報道をガス漏れで例えれば、最初はコンロからガス漏れ。次はストーブ、お風呂場と次々とガス漏れが起きる。その都度消していたが、ガス漏れの根本である元栓、「文春」を消し忘れていた。元栓を処置すれば、もうガス漏れの心配はないという見方ができる。

 手紙では川谷との決別などをつづっているが、しきりに強調しているのが川谷の妻への謝罪。以前から間接的に伝えられていたとはいえ、これほど妻に対して「謝りたい」と意思表示する女性をあまり聞かない。不倫経験のある女優からこんな話を聞いた。「妻に謝るのは夫であって、私が今さら奥さんに謝っても、かえってややこしくなる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

もっと見る