• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

ベッキー復帰情報も…謝罪アピールに漂った違和感の正体

 不倫騒動から4カ月。ゲスの極み乙女。の川谷絵音が夫人と正式に離婚。ベッキーは5月中の復帰も報じられている。

「文春」のスクープに始まった不倫騒動の終結もやはり「文春」だった。GW直前、ベッキーが「文春」に宛てた手紙が誌面に載った。普通なら、沢尻エリカが謝罪告白を1番組でやったように、他のメディアを使うもの。当初、ベッキーも不倫に至った経緯や関係者への謝罪手紙などの情報を他のメディアで流していた。

 それが、突然の心変わり。「文春」の一連の報道をガス漏れで例えれば、最初はコンロからガス漏れ。次はストーブ、お風呂場と次々とガス漏れが起きる。その都度消していたが、ガス漏れの根本である元栓、「文春」を消し忘れていた。元栓を処置すれば、もうガス漏れの心配はないという見方ができる。

 手紙では川谷との決別などをつづっているが、しきりに強調しているのが川谷の妻への謝罪。以前から間接的に伝えられていたとはいえ、これほど妻に対して「謝りたい」と意思表示する女性をあまり聞かない。不倫経験のある女優からこんな話を聞いた。「妻に謝るのは夫であって、私が今さら奥さんに謝っても、かえってややこしくなる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  3. 3

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  4. 4

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  7. 7

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  8. 8

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  9. 9

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  10. 10

    6年ぶりV逃した有村智恵の衰え…再三のチャンス決められず

もっと見る