二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

ベッキー復帰情報も…謝罪アピールに漂った違和感の正体

公開日: 更新日:

 不倫騒動から4カ月。ゲスの極み乙女。の川谷絵音が夫人と正式に離婚。ベッキーは5月中の復帰も報じられている。

「文春」のスクープに始まった不倫騒動の終結もやはり「文春」だった。GW直前、ベッキーが「文春」に宛てた手紙が誌面に載った。普通なら、沢尻エリカが謝罪告白を1番組でやったように、他のメディアを使うもの。当初、ベッキーも不倫に至った経緯や関係者への謝罪手紙などの情報を他のメディアで流していた。

 それが、突然の心変わり。「文春」の一連の報道をガス漏れで例えれば、最初はコンロからガス漏れ。次はストーブ、お風呂場と次々とガス漏れが起きる。その都度消していたが、ガス漏れの根本である元栓、「文春」を消し忘れていた。元栓を処置すれば、もうガス漏れの心配はないという見方ができる。

 手紙では川谷との決別などをつづっているが、しきりに強調しているのが川谷の妻への謝罪。以前から間接的に伝えられていたとはいえ、これほど妻に対して「謝りたい」と意思表示する女性をあまり聞かない。不倫経験のある女優からこんな話を聞いた。「妻に謝るのは夫であって、私が今さら奥さんに謝っても、かえってややこしくなる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  6. 6

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  9. 9

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  10. 10

    "残念"な性格を知っているからこそ松坂桃李は挑み続ける

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る