• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小保方さん 瀬戸内寂聴氏との対談で激白「殺されると…」

「STAP細胞は、あります」――14年4月の釈明会見から約2年。理化学研究所を退職した小保方晴子さん(32)が、24日発売の「婦人公論」(6月14日号)で“不正”騒動後初のインタビューに応じた。

「小保方さん、あなたは必ず甦ります」と題された記事は、瀬戸内寂聴氏(94)との対談形式で構成されている。白いレースのミニワンピースを身にまとった近影も掲載されている。

 対談では、「男性からの攻撃はものすごく暴力的で、本当に殺されると思いました」「味方がいないと思っている人の気持ちに寄り添えるようでいたい」などと、心境を吐露。「アメリカやドイツなど、不思議と海外の研究機関からはお誘いが来るのです」と近況も報告している。

 また、14年8月に自殺したSTAP細胞論文の共同執筆者・笹井芳樹氏(理研CDB副センター長)について、今年1月発売の手記「あの日」でほとんど触れなかったことに関しては、「書けなかったです」と語っている。果たして“甦る”ことができるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  5. 5

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  6. 6

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    「オフィス北野」つまみ枝豆社長のかじ取りで渡る三途の川

もっと見る