小保方さん 瀬戸内寂聴氏との対談で激白「殺されると…」

公開日:  更新日:

「STAP細胞は、あります」――14年4月の釈明会見から約2年。理化学研究所を退職した小保方晴子さん(32)が、24日発売の「婦人公論」(6月14日号)で“不正”騒動後初のインタビューに応じた。

「小保方さん、あなたは必ず甦ります」と題された記事は、瀬戸内寂聴氏(94)との対談形式で構成されている。白いレースのミニワンピースを身にまとった近影も掲載されている。

 対談では、「男性からの攻撃はものすごく暴力的で、本当に殺されると思いました」「味方がいないと思っている人の気持ちに寄り添えるようでいたい」などと、心境を吐露。「アメリカやドイツなど、不思議と海外の研究機関からはお誘いが来るのです」と近況も報告している。

 また、14年8月に自殺したSTAP細胞論文の共同執筆者・笹井芳樹氏(理研CDB副センター長)について、今年1月発売の手記「あの日」でほとんど触れなかったことに関しては、「書けなかったです」と語っている。果たして“甦る”ことができるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  7. 7

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    引退から10年…元アイドル小阪由佳が子供たちに捧げる理由

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る