「世界3大不正研究者」小保方さんにアノ大学が救いの手?

公開日: 更新日:

「リケジョの星」から一転、「世界3大不正研究者」の烙印を押された理研の小保方晴子元研究員(31)。涙の会見で叫んだ「STAP細胞はありま~す」が流行語大賞の候補に選ばれたが、肝心要の「細胞」は結局、見つからなかった。

 小保方さん自身による検証実験は、11月末で終了。ユニットリーダーから一研究員に降格した揚げ句、STAP細胞の作製を再現できなかった。

 千葉・松戸市にある実家もひっそり。窓のカーテンは固く閉じられ、手入れの行き届いていた庭は、ぼうぼうに伸びた雑草が生い茂っていた。

「はるちゃん? 見ないねえ。両親はたまに見かけるけど。どう声をかけたらいいのか……」(近隣住民)

 小保方さんの雇用契約は15年3月までだったが、研究所に残っても針のムシロ。さっさと退職を決めてしまった。そんな彼女に救いの手を差し伸べるのではないか、とみられているのが、「幸福の科学グループ」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る