「世界3大不正研究者」小保方さんにアノ大学が救いの手?

公開日:  更新日:

「リケジョの星」から一転、「世界3大不正研究者」の烙印を押された理研の小保方晴子元研究員(31)。涙の会見で叫んだ「STAP細胞はありま~す」が流行語大賞の候補に選ばれたが、肝心要の「細胞」は結局、見つからなかった。

 小保方さん自身による検証実験は、11月末で終了。ユニットリーダーから一研究員に降格した揚げ句、STAP細胞の作製を再現できなかった。

 千葉・松戸市にある実家もひっそり。窓のカーテンは固く閉じられ、手入れの行き届いていた庭は、ぼうぼうに伸びた雑草が生い茂っていた。

「はるちゃん? 見ないねえ。両親はたまに見かけるけど。どう声をかけたらいいのか……」(近隣住民)

 小保方さんの雇用契約は15年3月までだったが、研究所に残っても針のムシロ。さっさと退職を決めてしまった。そんな彼女に救いの手を差し伸べるのではないか、とみられているのが、「幸福の科学グループ」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  7. 7

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

  8. 8

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    協議打ち切り…日韓レーダー照射問題をこじらせた政治の罪

もっと見る