日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「世界3大不正研究者」小保方さんにアノ大学が救いの手?

「リケジョの星」から一転、「世界3大不正研究者」の烙印を押された理研の小保方晴子元研究員(31)。涙の会見で叫んだ「STAP細胞はありま~す」が流行語大賞の候補に選ばれたが、肝心要の「細胞」は結局、見つからなかった。

 小保方さん自身による検証実験は、11月末で終了。ユニットリーダーから一研究員に降格した揚げ句、STAP細胞の作製を再現できなかった。

 千葉・松戸市にある実家もひっそり。窓のカーテンは固く閉じられ、手入れの行き届いていた庭は、ぼうぼうに伸びた雑草が生い茂っていた。

「はるちゃん? 見ないねえ。両親はたまに見かけるけど。どう声をかけたらいいのか……」(近隣住民)

 小保方さんの雇用契約は15年3月までだったが、研究所に残っても針のムシロ。さっさと退職を決めてしまった。そんな彼女に救いの手を差し伸べるのではないか、とみられているのが、「幸福の科学グループ」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事