• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

蜷川幸雄氏を追悼か 吉高由里子が1カ月ぶりにツイート

 女優の吉高由里子(27)が26日夜、1カ月ぶりにツイッターを更新した。

 ひさびさの投稿は、吉高の自作とみられる詩。吉高はツイッターでたびたび詩を発表し、その独特な世界観が好評を博している。ツイートには、暗がりにたくさんのキャンドルが並んだ写真が添えられている。

「このひと月色んなことがあって 何を言葉にして発信していいか」と更新が滞っていた理由を説明すると、「迷ってた 悩んでた 願ってた 考えてた想ってた 祈ってた 思い出してた」と揺れる思いを吐露。「真摯に向き合う心の約束を これから進む自分にしよう」と結んでいる。

 ファンからはツイート再開を喜ぶ声のほか、吉高が映画「蛇にピアス」に出演していたことから、同作で監督を務めた故・蜷川幸雄氏への追悼メッセージではないかとするコメントも。<蜷川さんとの心の約束を胸に これから進んでいくのかな><きっと天国から吉高さんのことを見守っていてくれてるはず…>などの声が寄せられている。

 たくさんのキャンドルと共に追悼の意を表した、吉高なりのメッセージなのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る