蜷川幸雄氏を追悼か 吉高由里子が1カ月ぶりにツイート

公開日: 更新日:

 女優の吉高由里子(27)が26日夜、1カ月ぶりにツイッターを更新した。

 ひさびさの投稿は、吉高の自作とみられる詩。吉高はツイッターでたびたび詩を発表し、その独特な世界観が好評を博している。ツイートには、暗がりにたくさんのキャンドルが並んだ写真が添えられている。

「このひと月色んなことがあって 何を言葉にして発信していいか」と更新が滞っていた理由を説明すると、「迷ってた 悩んでた 願ってた 考えてた想ってた 祈ってた 思い出してた」と揺れる思いを吐露。「真摯に向き合う心の約束を これから進む自分にしよう」と結んでいる。

 ファンからはツイート再開を喜ぶ声のほか、吉高が映画「蛇にピアス」に出演していたことから、同作で監督を務めた故・蜷川幸雄氏への追悼メッセージではないかとするコメントも。<蜷川さんとの心の約束を胸に これから進んでいくのかな><きっと天国から吉高さんのことを見守っていてくれてるはず…>などの声が寄せられている。

 たくさんのキャンドルと共に追悼の意を表した、吉高なりのメッセージなのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    錦織圭を輩出 盛田正明氏が私財投じ財団を立ち上げた深層

  10. 10

    石原さとみと剛力彩芽 IT社長との“愛の巣”で分かれた明暗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る