蜷川幸雄氏を追悼か 吉高由里子が1カ月ぶりにツイート

公開日:  更新日:

 女優の吉高由里子(27)が26日夜、1カ月ぶりにツイッターを更新した。

 ひさびさの投稿は、吉高の自作とみられる詩。吉高はツイッターでたびたび詩を発表し、その独特な世界観が好評を博している。ツイートには、暗がりにたくさんのキャンドルが並んだ写真が添えられている。

「このひと月色んなことがあって 何を言葉にして発信していいか」と更新が滞っていた理由を説明すると、「迷ってた 悩んでた 願ってた 考えてた想ってた 祈ってた 思い出してた」と揺れる思いを吐露。「真摯に向き合う心の約束を これから進む自分にしよう」と結んでいる。

 ファンからはツイート再開を喜ぶ声のほか、吉高が映画「蛇にピアス」に出演していたことから、同作で監督を務めた故・蜷川幸雄氏への追悼メッセージではないかとするコメントも。<蜷川さんとの心の約束を胸に これから進んでいくのかな><きっと天国から吉高さんのことを見守っていてくれてるはず…>などの声が寄せられている。

 たくさんのキャンドルと共に追悼の意を表した、吉高なりのメッセージなのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る