“放送禁止用語”を連呼 吉高由里子が復帰舞台でみせた本領

公開日: 更新日:

「唐突に放送禁止用語を絶叫したのには正直、驚きました」(観客のひとり)

 ヒロインを演じたNHK朝ドラ「花子とアン」で“燃え尽き症候群”となり、長らく休養状態だった女優の吉高由里子(27)。10カ月の充電期間を経て今月9日から舞台「大逆走」(作・演出=赤堀雅秋。渋谷Bunkamura・シアターコクーン)に出演しているのだが、放送禁止用語のセリフを恥じらうことなく連呼し、観客のド肝を抜いているという。

 復帰作に選んだのはドラマでも映画でもなく、これまで未経験の演劇の世界。それでも主演の北村一輝(46)をはじめ、大倉孝二(41)、池田成志(53)、峯村リエ(51)といった舞台出身の役者らと共に主要キャストとして名を連ねているのだから、そのプレッシャーは計り知れない。しかし、荒川良々(41)やベッキー(31)、森カンナ(27)など芸能界の面々も観劇に訪れる中、朝ドラ女優の底力で見せ場をしっかりつくっているようで――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  3. 3

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  4. 4

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  8. 8

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  9. 9

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

  10. 10

    7/20~7/26のあなたの運勢

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る