“放送禁止用語”を連呼 吉高由里子が復帰舞台でみせた本領

公開日:  更新日:

「唐突に放送禁止用語を絶叫したのには正直、驚きました」(観客のひとり)

 ヒロインを演じたNHK朝ドラ「花子とアン」で“燃え尽き症候群”となり、長らく休養状態だった女優の吉高由里子(27)。10カ月の充電期間を経て今月9日から舞台「大逆走」(作・演出=赤堀雅秋。渋谷Bunkamura・シアターコクーン)に出演しているのだが、放送禁止用語のセリフを恥じらうことなく連呼し、観客のド肝を抜いているという。

 復帰作に選んだのはドラマでも映画でもなく、これまで未経験の演劇の世界。それでも主演の北村一輝(46)をはじめ、大倉孝二(41)、池田成志(53)、峯村リエ(51)といった舞台出身の役者らと共に主要キャストとして名を連ねているのだから、そのプレッシャーは計り知れない。しかし、荒川良々(41)やベッキー(31)、森カンナ(27)など芸能界の面々も観劇に訪れる中、朝ドラ女優の底力で見せ場をしっかりつくっているようで――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る