“放送禁止用語”を連呼 吉高由里子が復帰舞台でみせた本領

公開日: 更新日:

「唐突に放送禁止用語を絶叫したのには正直、驚きました」(観客のひとり)

 ヒロインを演じたNHK朝ドラ「花子とアン」で“燃え尽き症候群”となり、長らく休養状態だった女優の吉高由里子(27)。10カ月の充電期間を経て今月9日から舞台「大逆走」(作・演出=赤堀雅秋。渋谷Bunkamura・シアターコクーン)に出演しているのだが、放送禁止用語のセリフを恥じらうことなく連呼し、観客のド肝を抜いているという。

 復帰作に選んだのはドラマでも映画でもなく、これまで未経験の演劇の世界。それでも主演の北村一輝(46)をはじめ、大倉孝二(41)、池田成志(53)、峯村リエ(51)といった舞台出身の役者らと共に主要キャストとして名を連ねているのだから、そのプレッシャーは計り知れない。しかし、荒川良々(41)やベッキー(31)、森カンナ(27)など芸能界の面々も観劇に訪れる中、朝ドラ女優の底力で見せ場をしっかりつくっているようで――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る