• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「水族館ガール」主演 松岡茉優に期待かかる“魚との絡み”

 松岡茉優(21)といえば、大ヒット朝ドラ「あまちゃん」や映画「桐島、部活やめるってよ」に出ていたが、脇役だったから気づかなかった中高年もいるだろう。

 笑うと愛嬌のある垂れ目とショートのヘアスタイル、はっきりトークする性格が女子に好感を持たれ、少しずつ評価が上がり、金曜から始まったNHKドラマ10「水族館ガール」でついに連ドラ主役の座をゲットした。

「××ガール」的なタイトルは映画「スウィングガールズ」(04年)、「書道ガールズ!!」(10年)、ドラマの「戦う!書店ガール」(15年)などがある。「書店――」は視聴した書店員の不評を買ってしまうリアリティーのなさでコケた。いつでも行ける場所だからドラマとしての魅力にも欠けた面もあったか。

 水族館はどうか? 日本には約120ほどの水族館があり、世界で一番多いともいわれている(閉鎖や再開があるので、正確な数字は不明)。密かに水族館ファンは増えていて、ナンヨウマンタが見られる美ら海水族館(沖縄)は人気の観光地だし、品川や池袋やスカイツリーで有名な押上など都心にもけっこうある。同名の原作漫画をドラマ化したのは先物買いとして成功だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  7. 7

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

もっと見る