• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「水族館ガール」主演 松岡茉優に期待かかる“魚との絡み”

 松岡茉優(21)といえば、大ヒット朝ドラ「あまちゃん」や映画「桐島、部活やめるってよ」に出ていたが、脇役だったから気づかなかった中高年もいるだろう。

 笑うと愛嬌のある垂れ目とショートのヘアスタイル、はっきりトークする性格が女子に好感を持たれ、少しずつ評価が上がり、金曜から始まったNHKドラマ10「水族館ガール」でついに連ドラ主役の座をゲットした。

「××ガール」的なタイトルは映画「スウィングガールズ」(04年)、「書道ガールズ!!」(10年)、ドラマの「戦う!書店ガール」(15年)などがある。「書店――」は視聴した書店員の不評を買ってしまうリアリティーのなさでコケた。いつでも行ける場所だからドラマとしての魅力にも欠けた面もあったか。

 水族館はどうか? 日本には約120ほどの水族館があり、世界で一番多いともいわれている(閉鎖や再開があるので、正確な数字は不明)。密かに水族館ファンは増えていて、ナンヨウマンタが見られる美ら海水族館(沖縄)は人気の観光地だし、品川や池袋やスカイツリーで有名な押上など都心にもけっこうある。同名の原作漫画をドラマ化したのは先物買いとして成功だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る