「水族館ガール」主演 松岡茉優に期待かかる“魚との絡み”

公開日:  更新日:

 松岡茉優(21)といえば、大ヒット朝ドラ「あまちゃん」や映画「桐島、部活やめるってよ」に出ていたが、脇役だったから気づかなかった中高年もいるだろう。

 笑うと愛嬌のある垂れ目とショートのヘアスタイル、はっきりトークする性格が女子に好感を持たれ、少しずつ評価が上がり、金曜から始まったNHKドラマ10「水族館ガール」でついに連ドラ主役の座をゲットした。

「××ガール」的なタイトルは映画「スウィングガールズ」(04年)、「書道ガールズ!!」(10年)、ドラマの「戦う!書店ガール」(15年)などがある。「書店――」は視聴した書店員の不評を買ってしまうリアリティーのなさでコケた。いつでも行ける場所だからドラマとしての魅力にも欠けた面もあったか。

 水族館はどうか? 日本には約120ほどの水族館があり、世界で一番多いともいわれている(閉鎖や再開があるので、正確な数字は不明)。密かに水族館ファンは増えていて、ナンヨウマンタが見られる美ら海水族館(沖縄)は人気の観光地だし、品川や池袋やスカイツリーで有名な押上など都心にもけっこうある。同名の原作漫画をドラマ化したのは先物買いとして成功だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る