所属事務所がリークか 能年玲奈「引退危機」報道のウラ

公開日:  更新日:

 独立問題で揉めて活動休止状態の能年玲奈(22)が芸能界引退のピンチを迎えている。

 発売中の「週刊女性」によると、能年は6月末で現在の所属事務所「レプロエンタテインメント」との契約が満了。今後は、プライベートで演技指導を受けていた女性とともに設立した個人事務所で活動を続ける意向だという。これまで対話を求めてきた事務所サイドに対し、能年側は一切応じておらず、契約の更新にも応じないもようだ。

「個人事務所は能年の描いた絵やグッズの販売を手がける会社で、契約違反ではないというのが能年サイドの言い分でしたが、そんな無理筋が通るわけがない。今回の引退報道は能年サイドを牽制するため、所属事務所がリークしたともっぱら。でも、能年サイドが再び交渉のテーブルに着く可能性は低く、このまま契約満了になってしまうでしょう」(芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る