所属事務所がリークか 能年玲奈「引退危機」報道のウラ

公開日: 更新日:

 独立問題で揉めて活動休止状態の能年玲奈(22)が芸能界引退のピンチを迎えている。

 発売中の「週刊女性」によると、能年は6月末で現在の所属事務所「レプロエンタテインメント」との契約が満了。今後は、プライベートで演技指導を受けていた女性とともに設立した個人事務所で活動を続ける意向だという。これまで対話を求めてきた事務所サイドに対し、能年側は一切応じておらず、契約の更新にも応じないもようだ。

「個人事務所は能年の描いた絵やグッズの販売を手がける会社で、契約違反ではないというのが能年サイドの言い分でしたが、そんな無理筋が通るわけがない。今回の引退報道は能年サイドを牽制するため、所属事務所がリークしたともっぱら。でも、能年サイドが再び交渉のテーブルに着く可能性は低く、このまま契約満了になってしまうでしょう」(芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  2. 2

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  3. 3

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  4. 4

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  5. 5

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  6. 6

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  7. 7

    戦略的投票で改憲勢力3分の2を阻止 国の命運握る17選挙区

  8. 8

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  9. 9

    元SMAP合流より生き残りを…中居正広ジャニーズ残留の算段

  10. 10

    10月スタート「幼児教育・保育の無償化」は喜んでいいの?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る