初の連ドラ化「警視庁・捜査一課長」 平均10%超えの快挙

公開日: 更新日:

 テレビ朝日にとってはまた朗報だ。

 シリーズ11作目の「警視庁捜査一課9係」が11話平均12.2%と好視聴率を記録して終了したが、4月クールで初めて連ドラ化された「警視庁・捜査一課長」が23日(11話)に12.3%を記録してフィニッシュし、平均10.3%と10%超えになった。

「捜査一課長」の放送は20時~というドラマが少ない時間帯。平均10%を超える連ドラが2、3本のクールもある中、この時間帯での10%超えは快挙。これでテレ朝は「9係」「捜査一課長」と「グッドパートナー」が10%を超え、プライムタイム(19~23時)で3本揃ったことになる。

「捜査一課長」は主演が内藤剛志(61)。日刊ゲンダイ本紙のインタビューでは共演の斉藤由貴(49)、矢野浩二(46)らとの「チームワークがテーマ」と語ったが、それが実ったということだろう。シリーズ化もありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  3. 3

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  4. 4

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  5. 5

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  6. 6

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  7. 7

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  8. 8

    安倍政権からの政治劣化が招いた不真面目ほど得をする社会

  9. 9

    “汚染水”処理で頼みの綱ALPSは8年間「試験運転」のまま!

  10. 10

    吉村府知事ドヤ顔”手柄”自慢に現場から上がる疑問の声

もっと見る