長寿番組「科捜研の女」支える沢口靖子は“女が惚れるオンナ”

公開日:  更新日:

 女優・沢口靖子(50)が京都府警・科学捜査研究所の法医研究員・榊マリコに扮し、事件解決に奮闘する「科捜研の女」(テレビ朝日系、木曜夜8時~)が10月から2シーズンぶりに2クール放送される。

 1999年の放送開始から数えて17年目、第15シーズンに突入した。

 前回(14年10月期)は全9話の期間平均12.8%を記録するなど安定した視聴率を獲得。現行の連続ドラマの中で一番の長寿番組だ。その原動力となっているのが沢口自身の魅力であることは言うまでもないが、長寿の秘密は、科捜研の研究員と京都府警の刑事たちが協力して事件を解決するチームワークにある。中高年層からの圧倒的な支持を獲得する理由を、テレビドラマ・コラムニストの木村隆志氏が次のように語る。

「脚本や演出の安定感もありますが、最たるものはヒロイン・マリコの魅力。信念を持って事件解決に突き進む姿は、文句なしに『女がホレるカッコイイ女』そのもの。さらに沢口さんの凛々しさは、内藤剛志さん、風間トオルさん、金田明夫さん、斉藤暁さんら男性俳優陣の間で際立っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る