松本潤 背水の陣で臨んだ「99.9」高視聴率で結婚に弾みか

公開日:  更新日:

 今期全ドラマの中で最高視聴率を獲得している「99.9 刑事専門弁護士」に主演している嵐の松本潤は大きなプレッシャーを何重にも感じていたはずだ。

 第1に、前クールの「日曜劇場」で香取慎吾が大コケしたこと。これまで「半沢直樹」など高視聴率を連発していた「日曜劇場」枠で同じジャニーズとして失敗するのは事務所の名折れとなる。しかも、今クールからフジテレビが裏番組にドラマをぶつけてきた。しかもテレビ朝日までが、「99.9」の初回放送に合わせて人気シリーズの「科捜研の女スペシャル」で潰しにかかってきた。迎え撃つTBS側も負けるわけにはいかないという思いで2月から番宣を始め、放送前には松本の出世作ともいえる「花より男子」を集中放送して番組を盛り上げた。松本からすれば、ここまでしてもらって数字が取れなかったらヤバイとなるのが当然だ。

 第2は、弁護士ドラマ特有のプレッシャーだ。何しろ台本には難しい法律用語が並ぶ上に、法廷での尋問シーンなどセリフの数も尋常でない。下手な演技をしたら、共演する香川照之に食われてしまうというプレッシャーもあっただろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る