• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松本潤 背水の陣で臨んだ「99.9」高視聴率で結婚に弾みか

 今期全ドラマの中で最高視聴率を獲得している「99.9 刑事専門弁護士」に主演している嵐の松本潤は大きなプレッシャーを何重にも感じていたはずだ。

 第1に、前クールの「日曜劇場」で香取慎吾が大コケしたこと。これまで「半沢直樹」など高視聴率を連発していた「日曜劇場」枠で同じジャニーズとして失敗するのは事務所の名折れとなる。しかも、今クールからフジテレビが裏番組にドラマをぶつけてきた。しかもテレビ朝日までが、「99.9」の初回放送に合わせて人気シリーズの「科捜研の女スペシャル」で潰しにかかってきた。迎え撃つTBS側も負けるわけにはいかないという思いで2月から番宣を始め、放送前には松本の出世作ともいえる「花より男子」を集中放送して番組を盛り上げた。松本からすれば、ここまでしてもらって数字が取れなかったらヤバイとなるのが当然だ。

 第2は、弁護士ドラマ特有のプレッシャーだ。何しろ台本には難しい法律用語が並ぶ上に、法廷での尋問シーンなどセリフの数も尋常でない。下手な演技をしたら、共演する香川照之に食われてしまうというプレッシャーもあっただろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る