松本潤 背水の陣で臨んだ「99.9」高視聴率で結婚に弾みか

公開日:  更新日:

 今期全ドラマの中で最高視聴率を獲得している「99.9 刑事専門弁護士」に主演している嵐の松本潤は大きなプレッシャーを何重にも感じていたはずだ。

 第1に、前クールの「日曜劇場」で香取慎吾が大コケしたこと。これまで「半沢直樹」など高視聴率を連発していた「日曜劇場」枠で同じジャニーズとして失敗するのは事務所の名折れとなる。しかも、今クールからフジテレビが裏番組にドラマをぶつけてきた。しかもテレビ朝日までが、「99.9」の初回放送に合わせて人気シリーズの「科捜研の女スペシャル」で潰しにかかってきた。迎え撃つTBS側も負けるわけにはいかないという思いで2月から番宣を始め、放送前には松本の出世作ともいえる「花より男子」を集中放送して番組を盛り上げた。松本からすれば、ここまでしてもらって数字が取れなかったらヤバイとなるのが当然だ。

 第2は、弁護士ドラマ特有のプレッシャーだ。何しろ台本には難しい法律用語が並ぶ上に、法廷での尋問シーンなどセリフの数も尋常でない。下手な演技をしたら、共演する香川照之に食われてしまうというプレッシャーもあっただろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る