「相棒」蹴った竹野内豊 狙うは主演ドラマのシリーズ化

公開日: 更新日:

 竹野内豊(45)が主演する「グッドパートナー 無敵の弁護士」が健闘している。各局ともドラマの視聴率が伸び悩む中、第3話を終えて2桁をキープしているのだ。

 視聴者からも「竹野内と松雪泰子が演じる元夫婦役の弁護士同士の会話がオトナで面白い」など、従来の弁護士ドラマにラブコメ要素が盛り込まれた設定が受けているようだ。

 好評の理由のひとつは脚本。「DOCTORS~最強の名医~」や「HERO」など、高視聴率ドラマを連発する人気脚本家・福田靖が本作を手がけているのだ。

「竹野内は、水谷豊から人気シリーズ『相棒』での共演を熱望され続けています。前クールの『相棒14』にも起用説がありました。それを蹴ってまで選んだのが『グッドパートナー』だったといわれています。ただの二枚目とは違うコミカルな演技も求められる今作を代表作にしたいという思いもあるのでは」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  3. 3

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  4. 4

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  5. 5

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  6. 6

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  7. 7

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  8. 8

    加藤綾子にフジ番組MC降板説…“三顧の礼”が評価急落のワケ

  9. 9

    菅首相「経済再開」一本やりで“GoToツインデミック”一直線

  10. 10

    市民は反対票を「大阪都構想」維新は何度でも仕掛けてくる

もっと見る