• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「相棒」蹴った竹野内豊 狙うは主演ドラマのシリーズ化

 竹野内豊(45)が主演する「グッドパートナー 無敵の弁護士」が健闘している。各局ともドラマの視聴率が伸び悩む中、第3話を終えて2桁をキープしているのだ。

 視聴者からも「竹野内と松雪泰子が演じる元夫婦役の弁護士同士の会話がオトナで面白い」など、従来の弁護士ドラマにラブコメ要素が盛り込まれた設定が受けているようだ。

 好評の理由のひとつは脚本。「DOCTORS~最強の名医~」や「HERO」など、高視聴率ドラマを連発する人気脚本家・福田靖が本作を手がけているのだ。

「竹野内は、水谷豊から人気シリーズ『相棒』での共演を熱望され続けています。前クールの『相棒14』にも起用説がありました。それを蹴ってまで選んだのが『グッドパートナー』だったといわれています。ただの二枚目とは違うコミカルな演技も求められる今作を代表作にしたいという思いもあるのでは」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  9. 9

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  10. 10

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

もっと見る