中国でドラマに抜擢 崖っぷち時代の矢野浩二を救った恩人

公開日:  更新日:

 木曜20時のドラマ「警視庁・捜査一課長」(テレビ朝日系)に出演中の俳優・矢野浩二さん(46)は中国からの逆輸入の俳優。日中の相互理解に貢献したという理由で、2015年度外務大臣表彰を受けたほど。中国で活躍する道を開いたのはドラマ監督の楊陽さん(55)だった。

■何度も面接を重ね主役のひとりに

 楊陽監督には2002年9月末、ある助監督の紹介でお会いしました。単身で北京に行って1年半くらいしてからですね。ご自身の制作会社を持つフリーのドラマ監督で、最優秀作品賞・監督賞を受賞したこともある親日派のベテラン。「記憶の証明」という全29話のドラマを制作するにあたり、日本人の役者を必要としていると聞いて、事務所に会いに行ったんです。

 何度も面接を重ねた末にボクを主役のひとり、岡田役に抜擢してくれました。日本人が少ない中で中国に土俵を求めた意気を買ってくれたんだと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る