• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中国でドラマに抜擢 崖っぷち時代の矢野浩二を救った恩人

 木曜20時のドラマ「警視庁・捜査一課長」(テレビ朝日系)に出演中の俳優・矢野浩二さん(46)は中国からの逆輸入の俳優。日中の相互理解に貢献したという理由で、2015年度外務大臣表彰を受けたほど。中国で活躍する道を開いたのはドラマ監督の楊陽さん(55)だった。

■何度も面接を重ね主役のひとりに

 楊陽監督には2002年9月末、ある助監督の紹介でお会いしました。単身で北京に行って1年半くらいしてからですね。ご自身の制作会社を持つフリーのドラマ監督で、最優秀作品賞・監督賞を受賞したこともある親日派のベテラン。「記憶の証明」という全29話のドラマを制作するにあたり、日本人の役者を必要としていると聞いて、事務所に会いに行ったんです。

 何度も面接を重ねた末にボクを主役のひとり、岡田役に抜擢してくれました。日本人が少ない中で中国に土俵を求めた意気を買ってくれたんだと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  7. 7

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る