中国でドラマに抜擢 崖っぷち時代の矢野浩二を救った恩人

公開日: 更新日:

 木曜20時のドラマ「警視庁・捜査一課長」(テレビ朝日系)に出演中の俳優・矢野浩二さん(46)は中国からの逆輸入の俳優。日中の相互理解に貢献したという理由で、2015年度外務大臣表彰を受けたほど。中国で活躍する道を開いたのはドラマ監督の楊陽さん(55)だった。

■何度も面接を重ね主役のひとりに

 楊陽監督には2002年9月末、ある助監督の紹介でお会いしました。単身で北京に行って1年半くらいしてからですね。ご自身の制作会社を持つフリーのドラマ監督で、最優秀作品賞・監督賞を受賞したこともある親日派のベテラン。「記憶の証明」という全29話のドラマを制作するにあたり、日本人の役者を必要としていると聞いて、事務所に会いに行ったんです。

 何度も面接を重ねた末にボクを主役のひとり、岡田役に抜擢してくれました。日本人が少ない中で中国に土俵を求めた意気を買ってくれたんだと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  6. 6

    夜の街から芸能人が消えた…マスコミ「自粛警察化」の功罪

  7. 7

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  8. 8

    フジ謝罪せず “テラハ事件”背景とトレンディー常務の責任

  9. 9

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  10. 10

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

もっと見る