マツコ“上半期CM女王”の裏で…ランキングから消えた面々

公開日: 更新日:

 初の上半期女王という文言にエッ? と首をかしげた人は多かっただろう。「初」というより、「女王」のほう。タレントのマツコ・デラックス(43)がニホンモニター調べによる「2016上半期タレントCM起用社数ランキング」で、女性部門初の単独トップ(12社)に輝いた。

 花王やトヨタ自動車、P&Gといったナショナルブランドに加え、日本スポーツ振興センターや日本郵便といった半官半民のようなお堅い業種の「顔」まで務めるとは、まさに国民的人気者の証しである。しかし、同調査に初登場した5年前の11年上半期の調査では、ナント、男性部門にその名を連ねていた。ニホンモニターの担当者は「社内会議で十分に協議した上で女性枠にした」と話し、理由についてこう続ける。

「マツコさんが出演しているCMは、いずれも女性らしさや女性としてのキャラクターを強く押し出したものが多い。それにLGBTに関する世間の見識も以前より広まったこともあると考えています。5年前もどちらの部門か話し合ったのですが、正直、ここまで人気が出るとは想定していませんでした(苦笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る