マツコ“上半期CM女王”の裏で…ランキングから消えた面々

公開日:  更新日:

 初の上半期女王という文言にエッ? と首をかしげた人は多かっただろう。「初」というより、「女王」のほう。タレントのマツコ・デラックス(43)がニホンモニター調べによる「2016上半期タレントCM起用社数ランキング」で、女性部門初の単独トップ(12社)に輝いた。

 花王やトヨタ自動車、P&Gといったナショナルブランドに加え、日本スポーツ振興センターや日本郵便といった半官半民のようなお堅い業種の「顔」まで務めるとは、まさに国民的人気者の証しである。しかし、同調査に初登場した5年前の11年上半期の調査では、ナント、男性部門にその名を連ねていた。ニホンモニターの担当者は「社内会議で十分に協議した上で女性枠にした」と話し、理由についてこう続ける。

「マツコさんが出演しているCMは、いずれも女性らしさや女性としてのキャラクターを強く押し出したものが多い。それにLGBTに関する世間の見識も以前より広まったこともあると考えています。5年前もどちらの部門か話し合ったのですが、正直、ここまで人気が出るとは想定していませんでした(苦笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る