マツコ“上半期CM女王”の裏で…ランキングから消えた面々

公開日:  更新日:

 初の上半期女王という文言にエッ? と首をかしげた人は多かっただろう。「初」というより、「女王」のほう。タレントのマツコ・デラックス(43)がニホンモニター調べによる「2016上半期タレントCM起用社数ランキング」で、女性部門初の単独トップ(12社)に輝いた。

 花王やトヨタ自動車、P&Gといったナショナルブランドに加え、日本スポーツ振興センターや日本郵便といった半官半民のようなお堅い業種の「顔」まで務めるとは、まさに国民的人気者の証しである。しかし、同調査に初登場した5年前の11年上半期の調査では、ナント、男性部門にその名を連ねていた。ニホンモニターの担当者は「社内会議で十分に協議した上で女性枠にした」と話し、理由についてこう続ける。

「マツコさんが出演しているCMは、いずれも女性らしさや女性としてのキャラクターを強く押し出したものが多い。それにLGBTに関する世間の見識も以前より広まったこともあると考えています。5年前もどちらの部門か話し合ったのですが、正直、ここまで人気が出るとは想定していませんでした(苦笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る