• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初出演ドラマは不評 山口百恵の長男・三浦祐太朗のトホホ

 五輪特番のどさくさに紛れて(?)、鈴木保奈美(50)主演のドラマ「ノンママ白書」(フジテレビ系土曜23時40分)がスタートした。

 鈴木にとって、今作は実に18年ぶりの連ドラ主演。前クール「朝が来る」主演の安田成美(49)にしろ、この「オトナの土ドラ」枠は90年代に華々しく活躍したトレンディー女優の新たな主戦場となりつつあるようだ。

 が、いかんせん、内容が悪過ぎる。鈴木演じる49歳バツイチ、子なしのキャリアウーマンの悲喜こもごもを描くが、「東海テレビの制作とはいえ、広告代理店勤務という設定ひとつとってもバブリーが大好物のフジらしいドラマです。ノンママ(子供を産まない選択をした女性のこと)の応援ドラマかと思いきや、初回から閉経したら部長に昇進というデリケートなテーマをぶつけ、土曜の深夜に気持ちがどんより。主人公らアラフィフ3人組の愚痴連発に、用語解説の長いテロップは“誰得”なのか。当事者やノンママ予備軍ともに、傷つけられるだけ傷つけられる感覚を抱いた視聴者は少なくないと思います」(コラムニストの桧山珠美氏)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  6. 6

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  7. 7

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  8. 8

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  9. 9

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る