初出演ドラマは不評 山口百恵の長男・三浦祐太朗のトホホ

公開日:  更新日:

 五輪特番のどさくさに紛れて(?)、鈴木保奈美(50)主演のドラマ「ノンママ白書」(フジテレビ系土曜23時40分)がスタートした。

 鈴木にとって、今作は実に18年ぶりの連ドラ主演。前クール「朝が来る」主演の安田成美(49)にしろ、この「オトナの土ドラ」枠は90年代に華々しく活躍したトレンディー女優の新たな主戦場となりつつあるようだ。

 が、いかんせん、内容が悪過ぎる。鈴木演じる49歳バツイチ、子なしのキャリアウーマンの悲喜こもごもを描くが、「東海テレビの制作とはいえ、広告代理店勤務という設定ひとつとってもバブリーが大好物のフジらしいドラマです。ノンママ(子供を産まない選択をした女性のこと)の応援ドラマかと思いきや、初回から閉経したら部長に昇進というデリケートなテーマをぶつけ、土曜の深夜に気持ちがどんより。主人公らアラフィフ3人組の愚痴連発に、用語解説の長いテロップは“誰得”なのか。当事者やノンママ予備軍ともに、傷つけられるだけ傷つけられる感覚を抱いた視聴者は少なくないと思います」(コラムニストの桧山珠美氏)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る