• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初出演ドラマは不評 山口百恵の長男・三浦祐太朗のトホホ

 五輪特番のどさくさに紛れて(?)、鈴木保奈美(50)主演のドラマ「ノンママ白書」(フジテレビ系土曜23時40分)がスタートした。

 鈴木にとって、今作は実に18年ぶりの連ドラ主演。前クール「朝が来る」主演の安田成美(49)にしろ、この「オトナの土ドラ」枠は90年代に華々しく活躍したトレンディー女優の新たな主戦場となりつつあるようだ。

 が、いかんせん、内容が悪過ぎる。鈴木演じる49歳バツイチ、子なしのキャリアウーマンの悲喜こもごもを描くが、「東海テレビの制作とはいえ、広告代理店勤務という設定ひとつとってもバブリーが大好物のフジらしいドラマです。ノンママ(子供を産まない選択をした女性のこと)の応援ドラマかと思いきや、初回から閉経したら部長に昇進というデリケートなテーマをぶつけ、土曜の深夜に気持ちがどんより。主人公らアラフィフ3人組の愚痴連発に、用語解説の長いテロップは“誰得”なのか。当事者やノンママ予備軍ともに、傷つけられるだけ傷つけられる感覚を抱いた視聴者は少なくないと思います」(コラムニストの桧山珠美氏)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  7. 7

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    6年ぶりV逃した有村智恵の衰え…再三のチャンス決められず

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る