初出演ドラマは不評 山口百恵の長男・三浦祐太朗のトホホ

公開日:  更新日:

 五輪特番のどさくさに紛れて(?)、鈴木保奈美(50)主演のドラマ「ノンママ白書」(フジテレビ系土曜23時40分)がスタートした。

 鈴木にとって、今作は実に18年ぶりの連ドラ主演。前クール「朝が来る」主演の安田成美(49)にしろ、この「オトナの土ドラ」枠は90年代に華々しく活躍したトレンディー女優の新たな主戦場となりつつあるようだ。

 が、いかんせん、内容が悪過ぎる。鈴木演じる49歳バツイチ、子なしのキャリアウーマンの悲喜こもごもを描くが、「東海テレビの制作とはいえ、広告代理店勤務という設定ひとつとってもバブリーが大好物のフジらしいドラマです。ノンママ(子供を産まない選択をした女性のこと)の応援ドラマかと思いきや、初回から閉経したら部長に昇進というデリケートなテーマをぶつけ、土曜の深夜に気持ちがどんより。主人公らアラフィフ3人組の愚痴連発に、用語解説の長いテロップは“誰得”なのか。当事者やノンママ予備軍ともに、傷つけられるだけ傷つけられる感覚を抱いた視聴者は少なくないと思います」(コラムニストの桧山珠美氏)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    安室奈美恵と樹木希林…残す言葉から“去り際”を研究する

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    マンション価格は2019年10月の消費増税を機に暴落する

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

もっと見る